あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
タッチパネルでお肉を頼むということ
2013-08-17 Sat 02:43
先日のこと。クルマで道路を走っていましたら、路傍に焼肉屋さんの看板が立っていたんです。最近オープンしたのかしら?まだ真新しいその看板にはなんとも食欲をそそる焼けた肉とともに、白い、これまた生命力溢れるポップで「タッチパネルでお肉が頼める!」と、記してあったんです。

月末の繁忙時ではあったのですが、僕は北バイパスを西原交差点方面に進めていた社用車をするするとアネモネの花咲く中央緑地帯に寄せ、まぁ僕はアネモネの花を見たことはないのですが何となくわかる時ってあるじゃないですか?ああ、これがあの花なのですね?みたいな、いわゆる奇跡が起こる瞬間ですね、まぁ実際はアネモネとは似ても似つかない変なヨダレっ花咲き乱れる緑地帯だったのですが、その見捨てられた緑地帯から対向車線にハナを突き出し転回し、些細なコトを置き去りにするようにアクセルを二度吹かせて先ほど通り過ぎた地点へ戻り、今度は舐り上げるようにその焼肉屋の看板を眺めたのですが、やはり確かに「タッチパネルでお肉が頼める!」と記してある。

「タッチパネルでお肉が頼める!」

およそ宣伝であるならば衆人の耳目を集め人を貫くモノであるべきだと思うのですが、「タッチパネルでお肉が頼める」事が、焼肉屋が己を宣伝するに力点を置くべき箇所であるとは到底思えない。何故、その焼肉屋は、タッチパネルでお肉が頼める事実をわざわざ広告を打ってまで知らしめようとしたのか?肉の量であれ質であれ、焼肉屋が誇るべき自店の誉れの第一が何故「タッチパネルでお肉が頼める!」であったのか?

久しぶりの更新でこんなコトを書きたくはないのですが、昔読んだいかがわしい雑誌にですね、ある娼婦のハナシが書いてあったんですね、娼婦。その娼婦はやたらと他の娼婦のことを褒めるそうなんですね。あそこの角の娼婦は若くて美しい、こちらの通りの娼婦もこれまた美しい。決して自分のことを良く言おうとしないらしい。そうなると人間不思議なものですね、みんなかえってその娼婦のことが気になるわけです。結果その娼婦には多くのお客が付くことになる、なんてハナシだったのですが。

僕はとっくに貫かれていたわけですね。「タッチパネルでお肉が頼める!」という、あの娼婦が採った「己を褒めないことで人を引きつける」というやり方と同じ方法で僕は身も心もその焼肉屋の虜になっていた訳です。

そして「タッチパネルでお肉が頼める!」事実は、もうひとつの意味と使命を帯びていると思うんですね。
タッチパネルでお肉を頼むことは、人間の終わりの過程を切り取ったモノ、人間の滅びの暗喩だと思うんです。

始めは自分で狩って自分で切って焼いて食ってたわけです。いつしか他人に狩って貰って切って貰って給仕して貰うようになり、今、タッチパネルで給仕の手間を減らそうとしている。次に僕らは何の手間を減らすのか?焼肉という船に乗って僕らは、一体どこを目指しているのか?

皿を省いて箸を省いて、タレを省いて、最後に僕らは「肉」を省くのだと思うんですね。僕らは焼肉において肉を食べる過程を捨ててしまう。こうして人は、生きる過程を省いて、除いて、やがて滅びてしまうのです。

僕らがやがて死に向かう事実はタッチパネルでお肉を頼む行為の先に記してあると思うのです。(ちなみにその焼肉屋さんには行ってません)
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<有明海むつごろうラーメン(株式会社やまひらAK) | あばれはちまん | ファブリーズクルマイージークリップ>>
この記事のコメント
・「」
巧妙に計算されたステマかと思いきやその店に行ってないんだね(笑)
途中から平井堅の「楽園」という曲がきこえてきたのは気のせいか…
肉を焼いて食べるというギャートルズ的な世界にタッチパネルは確かに違和感あります。
2013-08-31 Sat 16:44 | URL | そらペン #GCA3nAmE[ 編集] | top↑
・「そらペンさんへ~喩え上手~」
国道57号線と国道445号線が交わる「田井の島交差点」って所があるんですが、そこの交差点近辺にある焼肉屋さんの看板には「自席で注文できて食べ放題!」なんて書いてあるんです。お肉を取りに行く手間が要らないコトが売りらしいのですが。そんなに肉本体に自信が無いのか?と思うんですね。この状況を、そうですね、雑誌のグラビアに置き換えたとして、そらペンさんが雑誌のグラビアを見ているとしましょうよ。その雑誌でモデルさんが「私は絵的に大したことないんですけど、私のいとこは脱ぐと凄いんです!」などとのたまっているとして、そのモデルさんの写真集を買うか?てハナシだと思うんですよね。
2013-09-01 Sun 19:46 | URL | porcelina #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「」
ポルセリーナさん、こんばんは〜
記事がアップされてから今頃のコメントすみませんっ汗

もうあれですね。お店の人も何を売りにすれば現代人にうけるのかわかんなくなってるんでしょうね。回転寿司の「くら寿司」って熊本にもあります?私今年初めて行くことがあったんですけどビックリしました!タッチパネルでの注文に始まり、注文したお寿司はパネルでお知らせがあった後にコンベアーで運ばれてくるんです。しまいには食べたお皿もテーブルの穴にポイポイ入れれば勝手に数えて会計してくれる始末で、ほとんど店員さんと会話することなくお店を後にしましたよ。まぁ回転寿司ですから、会話といってもたかが知れてますけどね。
ポルセリーナさんが結局行かなかった焼肉屋さん、実はお肉に自信あるのかもしれないですね。だけど一番目立つ看板に敢えてチョイスしたのは「タッチパネルで注文できる」って文言だったっていう…うわ、なんか想像したら泣けてきますね(;_;)
2013-09-17 Tue 22:48 | URL | ちえみ #-[ 編集] | top↑
・「ちえみさへ~1袋210円!あの、ハゼの野郎が210円!~」
先日のこと。道の駅大牟田ってとこに立ち寄ったんですね。で、そこに「むつごろうラーメン」なるインスタントラーメンが売ってあったんです。僕はその袋麺を見るや「・・・これだ!」と思ったんです。

むつごろうラーメンは"商品そのものの魅力で客を押せる"キラーコンテンツだと思ったんですね。キラーコンテンツの使い方が合っているのかどうか?よくわかりませんが。とにかく、むつごろうラーメンってだけでちょっと、食べてみたくなるじゃないですか?あのハゼどんのスープを舐ってみたくなるじゃないですか?頼みの手段の便利さに依るのではない、商品そのものを売るのだという人の不変の原理の、ある種の具現は"むつごろうラーメン"だと思ったんですね。(ちなみに、その道の駅で僕が買ったのは"おーい、お茶"1本のみ、でした)
2013-09-18 Wed 22:39 | URL | porcelina #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「」
え…ムツゴロウって食べて良いんですか(・・;) カブトガニとか、それ系じゃないんですか?
しかも210円て!安いし(>_<)
レビュー求む!です!
(色々衝撃的でスルーできませんでした)
2013-09-19 Thu 20:14 | URL | ちえみ #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。