あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅵ
2013-04-18 Thu 21:04
僕がそのクリーニング屋をよく利用する理由は単に業務上の都合からもたらされるものではもちろんなく。僕はその店の会員になっているのですが、会員カードを持ってクリーニングを出しに来る事はまず無いんですね。僕と店員さんはとうの昔に顔見知りな訳ですが、いざ会員カードを持たずにクリーニングを出そうとすると、それまで柔和な笑顔を湛えていた店員さんは夜叉のような表情に変じ僕に携帯電話の番号を尋ねる。電話番号で会員№を検索出来る仕組みのようなのですが、その、絶妙な距離感というのかしら?カウンターを隔てて僕と店員さんの間には、カウンターの長さ以上の距離があるという峻厳な事実を、結局人間最後は独りなんだという荘厳な事実をいつでも、会員カードを持たないで来る事で確かめることができる、これは言うなれば死の疑似体験でしょうし。また、そのクリーニング店のレジスターは出した衣類の種類を表示する電子小窓がついているのですが、そのレジスターの衣類に対する無関心さときたらもう、ビヨンド・ディスクリプションな訳です。一着何十万もするスーツを出しても、まぁそんなスーツ持ってないんですが、一着9,800円のスーツを出しても、まぁそんなスーツは2着、否、4着は持ってるんですが、あの小窓にヘコッと表示される文言は「スーツ」なんですね。「高級スーツ」でもなく「ジャスコの吊り下げ」でもなく、ただの「スーツ」。あの無関心な小窓の表示は人が作った一切の「差」を無効化する自然の営みの象徴であり、いつか人間が神を造るとしたら、おそらくあのレジスターのようにフラットで抑揚の無いアルゴリズムを実装すると思うんです。

そんなこんなで先日、そのクリーニング店にクリーニングを出しに行ったんです。スーツを一着持っていきまして羅刹のような顔をした店員さんに電話番号を告げ、スーツのポッケにレシートやら何やら入ってないか?イゴイゴとまさぐり確認していましたら、「ハンカチ」が出て来たんですね。使ったヤツをそのまんまポケットに入れっ放しにしてたのでしょう。煮しめ然としてくるくるってなって寂しげ、所在無げな彼女は行き場を失くして泣きながら僕を見上げているようでした。

僕らは何故、今日使ったハンカチをスーツのポケットに入れっ放しにしてしまうのか?
僕らは何故、今日使ったハンカチを洗濯機に放ってリセットすることが出来ないのか?

陸上競技で全力を出し切った選手たちは、ゴールするやグラウンドに倒れこむ。力尽きた彼らは美しく、観る者に感動を与えるでしょう。
かたや僕らのような平凡な社会人達は、力尽きて倒れたその場所はゴールだったのかどうかもわからず、今日を綺麗に終れないでいる。

僕は、彼女達使われたハンカチはつまり、僕等自身の投影だと思うんですね。今日をうまく終れなかった僕等自身。何も成せなくて疲れきった僕等そのものだと思うんですね。

使われてスーツのポケットの中という安いベッドに倒れ込む、スポーツ選手のように美しくはないでしょうけど、美しくないだけなんですね。戦って戦って、突っ伏して、丸まって、臭くなって、美しくないけど、ただ、美しくないだけ

すべてを正しい場所へ

あの、使われっ放しで丸まったハンカチがあるべき正しい場所は、現代の戦乙女達が還るべきヴァルハラは、スーツのポケットの中だと思うんですね。
スポンサーサイト
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅴ
2011-07-13 Wed 22:19
なにせ僕は下ばかりを見て歩く人間なもんですから、地面の上の昆虫なんぞを見かける機会が人様より多くあるわけです。最近よく目にする昆虫風景は「コンビニ等のツルツル滑る床の上でひっくり返って手足をバタバタさせている」ってヤツで、そうなってしまうと昆虫は自力で起き上がれないんでしょうね、イゴイゴと彼は虚しく手足をばたつかせるだけ、そのまま死んでしまうのかもしれません。そんな昆虫を見かけたら、僕は外に放るようにしているんです。

先日のこと、後輩とコンビニにいきまして。僕が先に店に入ったんですが床の上にカナブンがひっくり返っているのが見えたんですね。見慣れたいつもの風景。僕は仕方ないねと思いカナブンに近づいたんですね。一歩目を踏み出すと同時に胸ポケットに差していたボールペンをスルっと抜き、二歩目で幾分カラダを屈ませながらカナブンに近づく。三歩目で傅くようにしてカナブンの前にボールペンを差し出し、彼がボールペンを掴むのを待つ。四歩目で踵を返し、五歩目はボールペンの上を高下するカナブンをコントロールしながら六歩目で店外へ出てカナブンを放る。

後ろで見ていた後輩が僕の、カナブンを助ける一連の作業があまりにも滑らかで流麗、全ての関節、全ての筋肉が有機的に連続して動いていく様に感嘆の声を上げるとともに僕に言ったんです。「ポルセさん、なんでそんなことをするんですか?」

『・・・ナチスドイツがユダヤ人を迫害していた時代のこと。収容所へ向かう列車に乗せられたユダヤ人の母親が自身の愛する娘を毛布に包んで列車の高窓から外に投げ捨てたという話を聞いたことがあるんだ。そのまま収容所へ着いてしまえば親子共々いずれ処刑されてしまうだろう。母親は列車がカーブに差しかかり減速する機会を見計らい、毛布で大事に幾重にも幾重にも包み、緑の深い草原が娘を柔らかく受け止め、やがて慈しみ深い人が見つけ、娘を助けてくれる奇跡に賭けたんだ。死の道にありながら母親は生に向かって娘を放った、と記してあった。心揺さぶられる、悲しくも愛情深い話だ。翻ってさっきの僕の行動はどうだろう?ユダヤ人の母親が取った行動と同じだと思うかい?生に向かってカナブンを放ったと、君は思うかい?実は全く違うんだ。愛情溢れんばかりのユダヤ人の母親と比べて、僕はカナブンのことを全く愛していないんだ、全く哀れんでいないんだ。もっとも、僕がまだキッズだった頃は、カナブンが可哀想だと思って助けていた時期もあった、でもね、一匹のカナブンを助けたのと同じ僕がクルマで幾匹ものカナブンを踏み潰す事実に、すえた臭いを放つ自己満足を感じたんだ。自分探しをしにボランティア作業に赴くする人たちを連想させる。僕は助けていると考えるのを止めたんだね。"カナブンを正しい場所へ帰す"と考えるようにしたんだ。助けていない、ただ、そこがカナブンの居場所じゃないことはわかる、だから、正しい場所へ、ベルトコンベアを逆転させるスイッチを押すように無機的に淡々とカナブンを帰していく。でもね、そんな作業をこなす中でね、僕もいつかあのユダヤ人の母親のように自他共に認められる熱い真の愛情を持って、カナブンを助けるような人間になりたいと願っているんだぜ』

こういうことを言おう、言いたい、言わなくちゃ!って思って後輩を見やったら、あいつ、ジュースが置いてあるガラス扉を開いてオレンジ味かグレープ味か?どっちのファンタにするか選んでやんの。片方は僕の分だそうです。
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅳ
2009-01-25 Sun 21:31
最近、僕の中で勝野洋がすごい

とまぁ、文頭覚悟の斜め字書きでぶち上げておいてなんなんですが、別に"勝野洋みたいになりてぇ!"とか"勝野洋みたいなスタンスで物事を捉えてぇ!(勝野洋みたいなスタンス?)"とかそんなことじゃなくってですね。"テレビで2日連続で観た"ってだけのハナシで。よくよく考えれば大してすごくない。

なんていうのかしら?今まで鎮まっていた僕の中での勝野洋の存在が2日連続視聴することにより励起した、とでもいいましょうか。僕の中の勝野洋をしまっておくべき小箱の中から勝野洋がピョン☆と飛び出してきたといいますか。まぁ、世間一般のそれを上回るレベルで僕の中での勝野洋量は増えているんですね。日本の成人男性における平均勝野洋量を5ktnとしますと、今現在の僕の場合20ktnはある。
枝葉を付けて必死で書いてみて気付くんですがやっぱり大してすごくはない。

ふとした切欠で忘れていたコトを思い出すことってあるじゃないですか。
テレビで放送していた洋画を観て、昔つき合っていた女性のことを思い出してみたり。
公園で揺れるブランコを見て、仲直りしないまま卒業し、離れ離れになってしまった小学生の時の同級生のことを思いだしてみたり。

楽しい思い出ばかりではなくって、辛い思い出、忘れてしまいたいこともあるでしょう。
励起した思い出に苛まれることもあるでしょうね。
かくいう僕も先日、DVDを借りましょうかねと思いツタヤに行き、洋画コーナーで"チアリーダー忍者"というタイトルのDVDを多分に湿り気を帯びた眼差しで手に取り眺めていたところ、近くにあった"あなたが寝てる間に"というタイトルの洋画が視界に入りまして。昔好きだった女性とこの映画を観に行ったことがあるんですよ。で、僕は上映中ずっと寝ちゃってたんですね。案の定その女性にはふられましてね。「あなたが寝てる間に愛想を尽かしました」みたいな、ウマイッ!みたいな感じでチアリーダー忍者どころじゃなくなって…。ツタヤで過呼吸ですよ。スッスッハーみたいな感じで。

まぁそんな与太話はどうでもよくって。
良い思い出も悪い思い出もそれらをひっくるめて「自分」なわけで、捨ててしまうことはできないんですね。
切り離すことはできない。

それをしまっておくべき小箱があるんですね。小さな箱から出てしまうから気が漫ろだつ。

正しい、あるべき小箱へ還す必要がある。
己を構成する勝野洋を、勝野洋があるべき正しい場所へ還さなくてはならない。
そうしないといつまで経っても気もそぞろ。励起した勝野洋を抱いたままで社会生活が送れるはずもない。あの、リポDのCMを軽々とこなす勝野洋が励起したままで僕のような、便所の西のような日々を送ることでしか存在を証明できない僕が、生きてゆけるハズもない。

everything in its right place
すべてを正しい場所へ

僕は、僕の中の昂ぶった勝野洋をやさしく拾い上げ、アグネス・チャンの横、スキャットマン・ジョンと壇ふみの斜向かいにある小箱へそっとしまった。あるべき正しい、僕の中での勝野洋があるべき場所へ。
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅲ
2008-05-13 Tue 23:34
良く晴れたある日の昼下がりのこと。コンビニのトイレに行ったんですよ。
鼻歌混じりにシッコをしておりましたら眼前に、なにやら黒い箱のようなモノが置いてある。よくよく見てみたら「精力増強ドリンクの空き箱」だったんですね。黒い箱に、うっすら盛り上がった金色に輝く文字で、カッチカチな未来はこのドリンク剤が与える的なセリフが踊っている。空き箱の中心にはカッチカチドリンクのマークがホログラム印刷されて、虹色に輝いている。そうですね、人に例えるならばチャールズ=ブロンソンが飲み物になったかのようなオスっ気全開の空き箱があったんですよ。

今まで様々な体験をコンビニのトイレでしてきたんですが、カッチカチになる剤の空き箱ってのは見た事がなかったんですね、少し驚いたんですが。まぁ僕も清濁併せ呑む大人になりました。「こんなに天気が良い平日の午後にチ○コをカッチカチにさせなければならない事情があった個人」に対して文句を言うつもりも、非難するつもりも軽蔑するつもりも無いんですね。カッチカチを切望してそのトイレに入った彼にたいして何の感情も抱かなかったんですよ。もはや愛情の裏返しでさえない圧倒的無関心を双眸に宿し、黒いチャールズ=ブロンソンは奥の壁に貼ってあったカレンダーとの遠近の境を失くしていき、やがてそれらは僕の中でひとつに融けあってしまった。

シッコを済ませトイレを出る頃には半分忘れかけていたんですね。黒い箱のことは。でも、僕と入れ違いにそのトイレに駆け込んだ男性とすれ違った時に、僕はあの黒い箱の事を否応無しに思い出さざるを得なかった。

「そのカッチカチドリンク剤を飲んだのは、僕だと思われるのかもしれない」

まず、そう思ったんですね。

いや、別にいいんですよね。全くの他人にどう思われようが真実はひとつ。僕はそんなカッチカチ剤に頼らずとも、曲がりなりにもこれまで生きてきた。そしてこれからだってそんなブースターに頼らずとも生きていける。そう思ったんですが。

「彼の僕に対する謗り(そしり)は消えない。そして限りなく伝播していく」

こう思い至ったんですね。

すれ違った彼の僕に対する嘲りは消えない。僕とすれ違った彼の後に入ったまた別の人がその黒い箱を見たならば今度は、僕とすれ違った彼が嘲られる番になる。こうして嘲り、謗りの感情はその黒い箱を見た人すべてに伝播していくんですね。悪意が際限無く広がっていく。

「悪意が世界に広がるのを、誰かが食い止めなくてはならない」
「誰かが、トイレ内にある黒い空き箱を、あるべき正しい場所へ還さなくてはならない」

僕は、トイレの近くにあった雑誌を立ち読みしつつ、先刻僕とすれ違った彼がトイレから出て来るのを待ちました。運悪くトイレに一番近い所にあったのはエロ本コーナーでした。状況は一層過酷さを増していました。トイレから出て来た彼がエロ本(なんか、三十路妻的な内容が売りの本でした)を立ち読みする僕を見ればなんと思うでしょう。でも、僕は一歩も退くことは出来ない。世界中に嘲りが広がるのを止めるのは、今、そこにおいて僕しかいない。黒いあの箱を正しい場所へ還さなくてはならない。敬虔な決意とともに彼が出て来るのをひたすら待ちました。

彼がトイレから出て来ました。僕は彼を押しのけるように再びトイレに入り、悪意の中枢にならんとした黒い箱をむんずと掴み、それをあるべき正しい場所へ、コンビニの入り口のゴミ箱へ放りました。

すれ違った彼が僕のコトをどう思ったのか?今となってはもうどうでもいいんですよね。謗りや嘲りが伝播するのを食い止めることができた、その喜びで胸が一杯になったんですよ。
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅱ
2007-12-24 Mon 19:50
先日のこと。僕の会社の重役さんが、僕が仕事で使ってるPCを貸して欲しいと請うてきたんですよ。ネットで至急確認したいことがあるらしくって。

「重役にPCを貸す」レベルの木っ端仕事をコツコツと積み重ね、やがて大輪の銭の花を咲かせるのがサラリーマンってものです。「どうぞお使い下せぇ、グヘヘ。」あたりのセリフ付きで貸そうと思ったんですが、あいにく僕も作業中で貸すことができない。重役は臨席の後輩が使うPCを使用することになったんですね。

「銭の花は咲く前に冬枯れ」山頭火っぽく一句詠みながら後輩の机上を見てみますと、ものすごい量の資料が積み重なっている。あるハズのPCがよく見えない程に。宇宙から地球を眺めてみると丸いじゃないですか。でも、エベレスト山あたりの高い山のところ位は出っ張ってて欲しいと思うのが人情ってもんじゃないですか。そんな人情を無視するほどに地球は大きいんですよね。そんな事に思いを馳せなければならないほどに高く高く、資料が積み重なっている。このままでは重役さんはPC作業の前に資料の山々からPCを掘り出す作業を行わなくてはならない。

一度枯れた銭の花が再び芽吹くのを感じながら、嬉々として後輩の机上を整理する僕。整理といっても僕の机に移動させただけなんですが。おかげで僕の机に元々あった整理していない資料山(T=180ミリ)と後輩のそれを足して330ミリほどの山脈を地図上に新たに付け加え、後輩の机上はつかの間の平坦を取り戻しました。

重役さんが穏やかな笑みを浮かべ近づいて来ます。「ポルセ君、どうもありがとう。」
「いえ。お待たせしました。」僕も穏やかな笑みを浮かべ椅子を引きました。
重役がお座り遊ばされる椅子を引くことができる幸せを感じていた僕に付きつけられたリアル。

「椅子の上に脱ぎ散らかされた靴下が放ってある」

どのような状況で後輩が椅子の上に靴下を脱ぎ捨てたのか?まったくわかりませんが、とにかく靴下の野郎が独特の丸みを帯びたシェイプで椅子の上にちんまりとしている。このままでは重役は靴下の上に鎮座あそばされることになる。そんなことがあってはならない。

迫る重役。高鳴る鼓動。椅子の上には丸みを帯びた靴下。外は霧雨。(これはウソ。晴天でした。)

「靴下を、あるべき場所へ還さなくてはならない」
僕は、強くそう思った。強く強くそう思ったんですね。

眼前にせまる重役にシェリフっぽく叫びました。「フリーズ!」
そして僕は、呼吸を整え靴下をむんずと掴みました。「脱ぎ捨てられた靴下を、あるべき正しい場所へ還すんだ」

僕の背広の内ポケット。そこに脱ぎ捨てられた不幸をねじ込んだんですね。

僕の背広の内ポケットが脱ぎ捨てられた靴下のあるべき場所なのかどうかはわかりません。でも、僕は必死だった。必死で靴下を還そうとした結果がたまたま僕の背広の内ポケットであっただけ。

「脱ぎ捨てられた靴下が還る場所はどこにでもある、大事なのは還し手の意志なんだ。」

そんな、銭の花の為にはまったくならなさそうな事を考えたんですよね。聖夜に。メリークリスマス。
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| あばれはちまん | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。