あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
短パン革命
2006-11-09 Thu 22:57
深紅のドレスを召した女性は美しく見えるものです。
明るい赤ではなく暗みを帯びた赤色のせいなのか、身に着けた女性は憂いを帯びて。ゆらゆらとたなびく裾は、はかなく、今にも壊れてしまいそうに嫋やかな印象を見る側に与えるんだと思います。

個人の身に着けている服が、その人の性格であれ、生い立ちであれ在り様であれを(仮にではあるが)規定してしまう事は往々にしてあると思うんですよね。深紅のドレスが似合う女性は育ちが良く見えるもんです。

では「短パンを身に着けた個人」は、どのように見られているのか?

老若男女を問わず広く着用されている「短パン」は、身に着けた個人のあり様をどのように規定するのか?

まずは「短パンとは何か?」を定義づける必要がありそうです。
普通のズボンを製造し、裾を切って短パンにしているわけじゃないんでしょうが、ここではあえてメタモルフォーゼ的なアプローチを試みたいと思います。

ズボンの裾をカットする量が少なければ「バミューダ」になるんですね。
オッサンが海水浴で穿いているヤツです。
カットする量が多ければ「ホットパンツ」になるんですよ。
それを穿いて歌う男性シンガーを見るにつけ、「立派な親芋」が裾の間からはみ出てきやしないか?見ている僕をひやひやさせるあの丈の極端に短いパンツです。

バミューダでもない、ホットパンツでもない、その他は皆「短パン」なんですね。
カット量も中途半端で、固有の名を与えられていないその他大勢が「短パン」であるといえるんですね。

「その他大勢」である短パンを身に着けることは、一体何を意味するのか?
短パンは身に着けた個人をどのように規定しようとしているのか?

「明るく元気な印象を見る側に与えます」なんぞと思ったら大間違いで。

「怒り」なんですね。
短パンを身に着けている人は全て、心の底から震えるように怒り、歯噛みする個人であると規定されるべきなんですよ。

半端なカット量。その他大勢で一括りにされて、名も与えられない。
短パンは虐げられた民衆の暗喩なんですよ。


己が名を取り戻す為人々は再び立ち上がる。来たるべき革命において民衆は皆「短パン」を身に着け蜂起する。かくて全ての短パンは各々名前を取り戻す。
「短パン革命」は近づいてるんじゃないかと思うんですね。
スポンサーサイト
別窓 | ポルセ・ジャイアントシリーズ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<3日目のカレーは存在しない | あばれはちまん | アップリケは地球を救う>>
この記事のコメント
・「」
でもその他大勢でいないとすぐに泣き出すのが短パンのもろさ
2006-11-10 Fri 11:34 | URL | ハラキリ #-[ 編集] | top↑
・「」
>それを穿いて歌う男性シンガーを見るにつけ、「立派な親芋」が裾の間からはみ出てきやしないか?見ている僕をひやひやさせるあの丈の極端に短いパンツです。

このフレーズで爆笑してしまいましたわ。

立派な親芋www!


名も与えられないその他大勢。
怒りを表す短パンも、名を与えられたら責任がふりかかり、
それまでひとくくりにされていたときの平和を懐古するのでしょう。
一個人ではいられない、それが短パン人間。
2006-11-10 Fri 23:44 | URL | ojousama #-[ 編集] | top↑
・「ハラキリさんへ~昔、乙女の芽生えというアレなビデオを拝見したような、しなかったような~」
やがて涙は枯れ果てて、そこから怒りが芽吹きだす。
2006-11-11 Sat 00:14 | URL | ポルセリーナ #mQop/nM.[ 編集] | top↑
・「ojousamaさんへ~四股~」
このお題も難解でした。アップリケにしろ、短パンにしろ、僕は布系に弱いらしいんですね。親芋のくだりは常々思っていることなんですがなかなか披露できないでいました。ひやひやしつつも、彼らが四股を踏むことにどこか期待している自分がいます。彼らのライブは四股において完成するんじゃなかろうか?
2006-11-11 Sat 00:24 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「いまざーっと拝見」
もう面白くて…

短パンについていえば、フランス革命のサンキュロットいうのんもあります。民衆の怒りです。




2006-11-15 Wed 14:46 | URL | かめre@子がめのパソ #-[ 編集] | top↑
・「かめさんへ~キャロットスカートなのか?キュロットスカートなのか?誰にも訊けない自分がいました」
サンキュロット=「半ズボンを穿かない人」という意味ですね。フランス革命の場合は短パン革命と逆になってしまうんですが、民衆の怒りはズボンに収斂されていく点で似通っていますね。
2006-11-15 Wed 23:09 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。