FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
ヤツらのアレが。
2005-12-07 Wed 20:37
ブログをやるようになりまして、「漢字や言葉の意味って全然わかってないもんなんだな」ということに気づきました。生まれて初めて自分の意志で国語辞書を買いに、本屋さんへ行ったんですよ。
 
皆さんどうでしょう?本屋さんやレンタルビデオ屋さんへ行くと、やたらとトイレに行きたくはならないでしょうか?僕の場合まさにそうでして、天敵に狙われるのが怖いから小分けにして出す小動物よろしく、プップコププッコとヤツらをひり出したくなる。そういう訳で本屋に長居できないんですよね。良書選びはトイレの確保からという格言(今考えた)通り、トイレがどこにあるか探したんですよ。幸い大きな本屋さんでして、各フロアにトイレが設置されていました。もう、ひり放題です。
 
辞書選びという、何を手掛かりにすればよいのやらわからない作業を続けていましたら案の定もよおしてきました。トイレに行ったんですよ。
各フロアに一箇所ずつ設置
便座が暖かくなる装置つき
と、本屋のトイレとしては理想的だったんですが一点だけ非常に残念なことがありまして。
 
「トイレットペーパーが一重」
 
だったんですよね。およそ紙の専門店であるならばトイレットペーパーも二重、それも拭き取りトルクがモリモリと強調されているようなマッシブなエンボス加工が施してあるトイレットペーパーであって欲しかった。いや、拭く時は紙を重ねますよ、重ねますし手は洗いますよ、洗いますけど一重のトイレットペーパーって、拭いたとき手に染み付いてきそうじゃないですか?ヤツらのアレが。
 
スポンサーサイト



別窓 | 無駄話 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<もののたとえのむずかしさ | あばれはちまん | トマトピューレ>>
この記事のコメント
・「」
確かに「字、間違って無ぇかな」とか考えて辞書必須ですよ。僕なんて「角川最新国語辞典」と「広辞苑」の二段構えですから。念の為に漢和辞典も用意してあるし。鬼に金棒、っていうかゆずにギターっていうかさ。うん、そんな感じ?って、誰に聞いてんだ。で、その本屋でうんこしたくなるって話さ。たまに聞くけど、僕無いですね、そういう体験。逆に自分の家以外でしたくない、っていうか。この前も自宅から30Km離れた先でうんこしたくなったけど、自宅まで戻ったからね。残り25Kmからが相当やばかったよ。まだ5kmかよ、みたいな。ロードスターを駆る自分に一瞬セナが宿ったような気がした(うんこしたいだけ)。
2005-12-08 Thu 21:34 | URL | ラバーソウル #4uAjNfEA[ 編集] | top↑
・「」
25キロも保てる便意ならば、それは便意ではないですよ。保てる便意ってのも妙な表現ですけどね。いつかラバーさんが本当の便意に出会えた時の為に、腹痛3段の僕からアドバイスがあるんですよ。もよおした時にコンビニ等のトイレに掛けこむのは素人。大抵1箇所しかないから先客がいたらアウトになります。お勧めは「公共の機関」ね。市役所や町役場、省庁の出先機関等ね。ウオッシュレットや温便座(これの正式名称がわからない。ぬくべんざ?)完備の所が多く、混み合うこともないんですよ。
2005-12-08 Thu 23:50 | URL | ポルセリーナ #-[ 編集] | top↑
・「」
外出先ならば、ここぞとばかりに
その一重のトイレットペーパーをふんだんに使い遊ばせば、
滲みてこなくてよ!

公共の機関、確かにキレイなトイレ率が高いですわね。
昔ながらの建物の場合はひどいのですが。
札幌の区役所とかw
2006-12-27 Wed 12:09 | URL | ojousama #-[ 編集] | top↑
・「ojousamaさんへ~一重の卑しさ~」
そう。一重ティッシュを「月まで届けぇ!」とばかりに十重二十重に重ねるんですが、元はしがない一重ちり紙であるという現実に抗うことはできないんですね。手から伝わる「なんか違うね」感が一重の持つ卑しさなんでしょうか。「真の貴族になるには三代かかる」なんて言葉を思いだします。

僕の住むトコでのお勧め公共機関は「国交省の出先機関」ですね。お立ち寄りの際は是非行ってみて下さい。
2006-12-28 Thu 00:03 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |