あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
漫画喫茶にて
2007-06-03 Sun 22:01
たまに漫画喫茶に行くんですよ。
そのお店のレジ前にですね

「菅野美穂の写真集」

が置いてあるんですね。

なんなのかしら?売り?このお店の売り?なんでしょうか。
最も目立つカタチでその写真集は置いてある。


大人として充分煮えた僕ですが、さすがにそれを手にとって見たことはないんですね。

レジのまん前ですよ。店員の眼前でそれをムンズと掴み席に帰り、ひとしきり回向を済ませまたレジ前まで戻る、この行為を涼しげに行う勇気はない。

もし明日地球が終わるとしたら或いは僕もその行為をサラリと行うかもしれませんが、そもそも明日地球が終わるのなら漫画喫茶にはいかないだろうと思うんですね。家でご飯を食うんだろうと思う。

そのように妙な場所に置かれた菅野美穂の写真集は、なぜそんな場所に置かれているのか?考えてみたんですね。

「勇気のなんたるかを教えるため」

なんじゃなかろうかと思うんですよ。

レジ前に、最も目立つカタチで陳列されてはいるが、それを読むには相当の勇気がいる。その写真集を手に取り眺める一連の作業は「勇気を持って行なわれる行動」であるべき、なんですね。

漫画喫茶で読んだジョジョでツェペリさんが言ってたんですが。

「勇気を持って行なわれる行動は恐怖を知った上でなされる」
んですね。ノミが自分の何倍もある動物に飛びついて血を吸うのは「勇気ある行動ではない」んですね。「ノミは動物が自分より大きいことを知らないから」「恐怖を克服していないから」

翻って菅野美穂の写真集をレジ前から掴み取り、眺め、返すという行動は
「店員以下の衆目、嘲りや哀れみを克服した上で」なされるんですね。

人は、そのような謗りを克服して初めてその写真集にたどり着くことができるんですよ。

人目のつかない場所にその写真集が置かれていたとしたら、その写真集はなんの克服もなされないまま読まれ、資本主義の徒花としての意味さえ持たない。ただのエロ本なんですね。

恐怖を克服して行なわれるのが勇気である

その店の「売り」は、写真集じゃなくて、写真集が置かれた場所にある、なんだと思うんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | なに書いてるのかわかんねーや。 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<墾田永年私財法 | あばれはちまん | ラグナ・セカ>>
この記事のコメント
・「管理人のみ閲覧できます」
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-06-06 Wed 21:02 | | #[ 編集] | top↑
・「」
初めて行った漫画喫茶で、
レジ前に叶姉妹の写真集があったときのことをおもいだしましたわ。

手に取りたくとも勇気が無い。
たとえ勇気が出たとしても、戻すことは、手に取ったとき以上に困難を極める。

あのときのわたくしには勇気が無かった。
菅野美穂の写真集を手にすることが出来なかったポルセリーナ様と同じように。
しかし、勇気は必要でないときもありますわ。
勇気を手に入れたら、もう後戻りは出来ないように思いますもの・・・!
2007-06-08 Fri 22:37 | URL | ojousama #-[ 編集] | top↑
・「ojousamaさんへ~塩鮭色~」
これはojousamaさんにだけコッソリ白状するんですが。

「手に取り中身を見ずとも、答えは僕の中に用意されていた」
んですね。菅野美穂の然るべき乳首色のディスティニーは既に僕の中に用意されていたんですね。塩鮭の色であるべきそのディスティニーに合致しない可能性がある未来を、レジ前から引き抜く勇気がなかっただけなのかもしれません。
2007-06-08 Fri 23:46 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「まぁ、レジの店員の」
心のオアシスとして手元に置いておきたかった、という説もかなり有力ですけどね☆
2007-06-22 Fri 13:51 | URL | ハラキリ #-[ 編集] | top↑
・「ハラキリさんへ~乳首相撲~」
ハラキリさんクラスになってると、とうの昔に気付いているんだと思うんですが、記事中僕は「回向」という文言を用いているんですね。

「回向」…死んだ人の幸福を祈ること。追善。

辞書にはこのように説明書きがなされています。単なる乳首の色談義を超えた宗教的意味合いにこそ、この記事の主眼はあるんですね。
停止した菅野美穂の写真集
その写真集を永遠に掴めない僕
永遠に行われない追善

この記事が乳首相撲に終らない、宗教的な意味合いを帯びていることに気付いているハラキリさんは、本コメントを通じて人がいかに臆病なのかを表現したんだと思っています。
2007-06-22 Fri 23:00 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。