あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
いまいち名前がわからないモノ
2005-12-15 Thu 23:50
いまいち名前がわからないモノに名前を付けてみます。

①リンゴの芯のまわりにある、黄色っぽい透明な部分。
うちの母に訊いたら「ミツ」とのこと。「蜜」か?何となく本当っぽいけど、たぶん嘘。おざなりな大人の解答に感銘を受け、「蜜」で決定。

②ミカンの代わりに鏡餅の上に置くために作られたというリンゴ
今日ラジオで聞きました。どこかの県で開発されたとか。150個限定で予約を受けつけるとのことでしたが、たぶん売れないと思う。「やけくそ名産品」で決定。

③器が全く熱くなっていないので、ご飯がジュワっと焦げなかった石焼ビビンバ
同僚との忘年会にて遭遇。ジュワっと焦げない事実を受け容れる事が出来ずに、ひたすら飯を器になすりつける同僚を見て、以前野生の王国で観た、死んだ子ライオンの傍を離れようとしない親ライオンの姿がダブッてみえた。「石焼風ビビンバもどき」で決定。「器お熱くなっていますのでお気を付け下さい」といった店員がブル中野に似ていた。ブル中野その人だったのかもしれない。

④フェイク・ファーの付いたコートを着て、ブルーザーブロディが履いていたようなブーツを身に付けていた女性
「マタギ」で決定。その女性はパーティーの帰りかなんか知らないが花束を持っていましたが、その花束が山の神へのお供え物にみえた。

⑤LANケーブルを配線しなおしたが、購入したケーブルが長すぎて10m弱のケーブルがとぐろを巻いている僕の部屋の状態
隣の部屋にある電話まで5mもないのに15mのケーブルを買いました。「ドジッ娘の見栄っ張り」で決定。「いろはかるた」っぽいネーミング。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ファンヒーターのありか。 | あばれはちまん | 買えよ。電池カバー。>>
この記事のコメント
・「」
・サイゼリヤでチョリソーとピラフを注文して、真ん中に置いてあるチョリソーを食べようとしたら手前のピラフの鉄板に手が触れてしまった時に出来た火傷の痕。
「如月」何かね、そういう火傷って明らかにかっこ悪いでしょ。だから名前くらいはかっこよく、と。「あれ?手どうしたの?」「ああ、ちょっと如月でね。」みたいな。あと知ってた?サイゼリヤのことを若い連中は「サイゼ」とか「ゼリヤ」って呼ぶんだって。
2005-12-16 Fri 00:02 | URL | ラバーソウル #4uAjNfEA[ 編集] | top↑
・「」
僕の左手には、俗にいう「根性焼き」の痕があります。目立つのでよく人から「昔はやんちゃだったんですね」といった風の事をいわれますが、根性焼きで付いたのではなく、「小さい頃近所の神社であった奉納子供相撲を見てたら、隣の酔っ払いのオヤジが落とした煙草でヤケドした」てのが本当の理由。これも如月ってことでお願いします。奉納子供相撲ってのがなんとも田舎臭いですが。イッツ・リバーランズ・スルー・イット。
2005-12-16 Fri 00:18 | URL | ポルセリーナ #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。