あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
しんにょう
2008-11-02 Sun 22:36
テストを受ける上での常套手段に「簡単な問題を先に解いてしまうこと」ってのがあるじゃないですか。
問1から順番に解く必要なんてない。自分が簡単だと思う設問から先に解いて、心と時間に余裕を持って難しい問題にあたるべき、なんですね。

例えば「下線部の平仮名を漢字に直しなさい」という国語のテストがあったとして

1:僕はパスポートをつくる為に、県庁へ行った
2:パスポート用に証明写真をさつえいした
3:写真に写った人物は、とてもぶさいくだった

僕だったら3→2→1の順で解いていくと思うんですね。3は余裕。2はギリギリでいけそう、いざとなれば大人だけに許される荒技「流れるような書体で漢字の右側をごまかす」が使えそうです。で、1については簡単そうで結構悩みそうですね。「作る」でいいのかしら?「創る」じゃダメだろうし。「造り」はしないし。

まぁ、テストの常套手段についてはこの辺にしておいてですね。先日、僕はパスポートをつくらなきゃならなくなったんですよ。

パスポートを申請するには自分が自分であることを証明する必要があって。戸籍の写しやら証明写真やらを添えて提出しなきゃならないんですね。証明写真を撮影したんですが。証明写真機がワシャンコと吐き出した紙には何やら人のようなモノが写っていただけ、だったんですね。おかしいねと思い4回ほどやり直したんですが結果は変わらず。到底僕であるとは言い難い、不細工なオッサンが一個写っていただけだったんですね。(オッサンの単位は"個")

泊りがけどころか越年覚悟で僕本来の写真が吐き出されるまで撮ってやるつもりだったんですがお金が先に底を尽きそうです。僕は泣く泣く、人のような煮物のような物体が写った紙を握って、パスポート申請広場に向かったんですよ。

パスポート申請窓口に行ったんですが、係りの女性がとても美人だったんですね。癒し系とでもいいましょうか、ベホイミ位は唱えられそうな美人。安めぐみと鈴々舎馬風を足して、足しっ放しにしてそのまま風呂に入って寝てしまったようなべっぴんさんが僕のパスポートを受け付けてくれるらしい。

申請用紙にはあの、忌むべき証明写真を添えなければならなかった。で、僕は一計を案じたんですよ。
「テストにしよう」

係りの安馬風に提出する申請用紙にテスト性を持たせようと思ったんですね。彼女が解くべき設問の答えは「添付された証明写真はあなたのモノではない。実際ここにいる快活でイケメンなポルセさん(将来の旦那様(はぁと))と、この煮物の写真は乖離し過ぎている。よってこの申請は受け付けられない」

簡単に解けそうなんですが悲しいかな二人は初対面。万事に対して引っ込み思案、中学の頃は図書委員をしていたような恋愛下手な彼女にしてみればなかなか言い出し辛いことです。大事なことをそうだと言えずに今日もまた彼女の手から僕という幸せの青い鳥がすり抜けていく。彼女は今日もスーパーの袋から葱を出しつつ1kのアパルトマンに赤のママチャリを漕いで寂しく帰らなきゃならない。これはイカンと思ったんですね。

ここで前述「テストの際の常套手段」を思いだしたんですよ。
「彼女が、後に控える人生の岐路を定めるような配点の高い設問に余裕を持ってあたれるように簡単な問題を用意してあげなければならない」

僕の本名って「邉」という字が入るんですよね。この「邉」の字がややこしくて、何種類かあるんですね。ちなみに今書いてるこの「邉」の字体も僕の戸籍に書いてあるヤツとは違ってるんですね。
081102_2223~01


上の写真の"誤"の方を申請用紙に書いてみたんですね。間違いがわかり易いようにおおげさに。いかにドジッ娘な彼女でもきっと気付くでしょう。
ドキドキしながら彼女の答えを待ちました。で、案の定、彼女が簡単な問題をクリアします。
『ポルセさん、名前の「邉」の字が戸籍と違いますよ』

「ああ、すいません」ミッキーロークばりに余裕たっぷりに、ちょっとしたナインハーフっぽく上の写真にある"正"の方の「邉」へ書き直しました。

期は熟しました。あとは彼女の事実上のプロポーズを待つだけです。
彼女がもう一度、僕の名を呼びました。
『ポルセさん』

ああ、結納ってこんな感じなのかしら?
(バリトンの効いた声で)「はい」

『だから、戸籍の字とおめぇの申請の字が違うつってんだろうが!ああ?このくされ煮物が!死ね!!』

僕の本名の「邉」って、しんにょうの部分の点々が二つあるんですよね。
081102_2225~01

上の写真にある、点々が二つあるヤツがホントの正解です。なんか普通に間違えてた。

僕は涙目で点々を二つにした。
彼女は、それ以上設問を解くことはなかった。煮物の写真がまごうことなく僕であるとガッチリ視認して。

「公教育は社会に出てから全く役に立たない」「受験のテクニックなんぞ、ことごとくクソさ」
学生の謗りはひとえに僕の所為であるような気がして。僕はちょっと泣きそうになるんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<汝のスパムコメントを愛せ | あばれはちまん | 僕がシャツをパンツの中にしまった理由>>
この記事のコメント
・「」
自分もこないだパスポートを申請にいったんですが、全然美人なんかいなくって写真もばっちりイケメンでがっかりしたことをおもいだしました
2008-11-03 Mon 20:51 | URL | ハラキリ #-[ 編集] | top↑
・「ハラキリさんへ~便槽~」
ハラキリさんはなんだかんだいって心優しいから。路傍の地蔵に片っ端から笠を掛けてやるような人だから。「まさか、煮物なんてコトはないんじゃない?取りあえず人型は保ててるんじゃない?」なんて慰めのコトバを探してくれているんだと思うんですよね。で、そんなハラキリさんに真実は重く圧し掛かるんですが。この写真、ホントにひどい。煮物ですらない。公園の便槽みたいになってます。
2008-11-04 Tue 21:43 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「お久しぶりです」
長文はケータイからはみづらいよって、パソからこんにちはです=

2ヶ月ほど前に、100円のちっちゃいパソつけたるから、イーモバイルに入って!て  某ヨドバシカメラで  ハッピ着た兄ちゃんが声をからして叫んでて、つい  大根を買うように 買うてしもたものの、あとが大変でした。

やっとこさっとこ接続でけるようになり、いざ本文を楽しもうと思いましたが、早くもこの時間でお腹はすくわ、クリーニング屋は閉まりそうだわで、とりあえずご挨拶だけしてまた来ます

もうくるなとか  ゆわんといてや。
2008-11-07 Fri 18:08 | URL | かめ@イーモバイルの休日 #-[ 編集] | top↑
・「かめさんへ~千年王国~」
僕も時々クリーニングを出しに行くんですが。その店の応対がおよそ客商売とは程遠い、天下一品の愛想の悪さなんですね。特に夕方の閉店間際なんぞに行きますと殺人的な応対をくらうことになります。悪鬼羅刹のような表情で僕からのクリーニングを受け付ける店主。その奥のテーブルに夕飯のカレーが並んでいるのが見えて。「ちょっと持ち込むのが遅いからってそんなに辛くあたらなくても。夕飯はカレーなんだろう?夢の千年王国(カレー)まであと少しさ、店主」なんて。よそん家のカレーに僕自身の免罪を期待することもザラです。
2008-11-11 Tue 00:02 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「いつも見てます」
いつも遊びに来ます。継続して日記凄いですね。僕も努力しないと・・・。最近寒くなってきたので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
2008-11-11 Tue 17:31 | URL | アキ #-[ 編集] | top↑
・「アキさんへ~できたよー!!~」
あなたの為に書きました。
2008-11-11 Tue 22:40 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。