FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅳ
2009-01-25 Sun 21:31
最近、僕の中で勝野洋がすごい

とまぁ、文頭覚悟の斜め字書きでぶち上げておいてなんなんですが、別に"勝野洋みたいになりてぇ!"とか"勝野洋みたいなスタンスで物事を捉えてぇ!(勝野洋みたいなスタンス?)"とかそんなことじゃなくってですね。"テレビで2日連続で観た"ってだけのハナシで。よくよく考えれば大してすごくない。

なんていうのかしら?今まで鎮まっていた僕の中での勝野洋の存在が2日連続視聴することにより励起した、とでもいいましょうか。僕の中の勝野洋をしまっておくべき小箱の中から勝野洋がピョン☆と飛び出してきたといいますか。まぁ、世間一般のそれを上回るレベルで僕の中での勝野洋量は増えているんですね。日本の成人男性における平均勝野洋量を5ktnとしますと、今現在の僕の場合20ktnはある。
枝葉を付けて必死で書いてみて気付くんですがやっぱり大してすごくはない。

ふとした切欠で忘れていたコトを思い出すことってあるじゃないですか。
テレビで放送していた洋画を観て、昔つき合っていた女性のことを思い出してみたり。
公園で揺れるブランコを見て、仲直りしないまま卒業し、離れ離れになってしまった小学生の時の同級生のことを思いだしてみたり。

楽しい思い出ばかりではなくって、辛い思い出、忘れてしまいたいこともあるでしょう。
励起した思い出に苛まれることもあるでしょうね。
かくいう僕も先日、DVDを借りましょうかねと思いツタヤに行き、洋画コーナーで"チアリーダー忍者"というタイトルのDVDを多分に湿り気を帯びた眼差しで手に取り眺めていたところ、近くにあった"あなたが寝てる間に"というタイトルの洋画が視界に入りまして。昔好きだった女性とこの映画を観に行ったことがあるんですよ。で、僕は上映中ずっと寝ちゃってたんですね。案の定その女性にはふられましてね。「あなたが寝てる間に愛想を尽かしました」みたいな、ウマイッ!みたいな感じでチアリーダー忍者どころじゃなくなって…。ツタヤで過呼吸ですよ。スッスッハーみたいな感じで。

まぁそんな与太話はどうでもよくって。
良い思い出も悪い思い出もそれらをひっくるめて「自分」なわけで、捨ててしまうことはできないんですね。
切り離すことはできない。

それをしまっておくべき小箱があるんですね。小さな箱から出てしまうから気が漫ろだつ。

正しい、あるべき小箱へ還す必要がある。
己を構成する勝野洋を、勝野洋があるべき正しい場所へ還さなくてはならない。
そうしないといつまで経っても気もそぞろ。励起した勝野洋を抱いたままで社会生活が送れるはずもない。あの、リポDのCMを軽々とこなす勝野洋が励起したままで僕のような、便所の西のような日々を送ることでしか存在を証明できない僕が、生きてゆけるハズもない。

everything in its right place
すべてを正しい場所へ

僕は、僕の中の昂ぶった勝野洋をやさしく拾い上げ、アグネス・チャンの横、スキャットマン・ジョンと壇ふみの斜向かいにある小箱へそっとしまった。あるべき正しい、僕の中での勝野洋があるべき場所へ。
スポンサーサイト
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<しんにょうを巡る闘い | あばれはちまん | むせる平和>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。