FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
エロ本のカバーは僕らに語り掛けるよ
2009-02-14 Sat 23:44
かたつむりっているじゃないですか?君達冬はどうしてるの?と、心配らずにはいられない両性具有のシャイなあんちくしょうなんですが。かたつむりって地方によって呼ばれ方が違うらしいんですね。デンデンムシであったり、マイマイであったり。こういった呼び方の違いを整理分類し、しかる後「一体民俗とはなんぞや?人間とはなんぞや?」と考察するのが民俗学らしいんですね。柳田国男という学者先生が著書「蝸牛考」でこういったハナシをしているとか、していないとか、そんなハナシを聞いたことがあります。ソースなどない。

方言や地名、土着のしきたりから人を探るってのが民俗学といえるんですかね?
例えば「マクドナルド」の呼び方が地方によって変わるってのもある意味民俗学的なハナシになるんですかね?まぁよくわかりませんが、こういうのって素晴らしいと思うんですね。人間が一様ではないきっかけを探るのは他者の価値観を肯定するきっかけとなりやがて世界はひとつになる…、ああ、こういう大き過ぎるのは要らないですね。「民俗学は素晴らしい、それは、ちょっとした勃起のきっかけになるくらいだ」程度で結構だと思います。

民俗学には「キーワード」が必要じゃないですか?
かたつむりであったり、マクドナルドであったり。どこにでもあるが、どこであれ変ずるもの。

僕に、この、聖バレンタインデーに起った唯一のハプニングが「え!あれって伊達メガネなの!」だった僕がですよ、そのキーワードにひとつ加えることを許されるならばそのキーワードは

コンビニのエロ本にかけられたカバー

だと思うんですね。

仕事で外回りの営業なんぞをやっていますと、あちこちのコニビニに行くんですね。で、最近気付いたんですが、コンビニのエロ本にかけられるカバーには地域差があるんですね。具体的に言えば「田舎のコンビニほどカバーのかけられ方があまい」んですね。都市圏、といっても熊本市内程度なんですが市中のコンビニはカバーがガッチリ決まってるんですが、これが鹿北地区(田舎)まで移動しますとそこは性の解放区、ノンカバーなんですよね。あれ?なにこの選り取りみどり?これはここでインプットした画像を隣のトイレで再生して僕は、僕は白い毒を…みたいなアレなんですね。まさしくどんざらし、ナシヨナルジオグラフィック的な扱いのエロ本ども、なんですね。で、鹿北まではいかないプチ田舎の菊池市になると「ビニールの紐で襷掛けに掛けられたカバー」を堪能することになるんですよね。厳然としたエロ本の扱いをなされない、かといってフルカバーとまではいかないペンタクルスの呪縛を賜ったエロ本どもでああ、これはこれで僕は白い…みたいなアレなんですよね。

お月さまを眺めることがあるじゃないですか。
やさぐれた時間を生きる人、日中の空が眩し過ぎて見ることもままならない個人に対しても夜は常に優しくて。すべての人は夜空を眺めることだけは許されているんですよね。で、夜空の月は見る度にカタチを変える。下弦上弦三日満日、夜空の月はカタチを変える。

エロ本にかけらてたカバーは満ち引きする月齢と同じだ、と思うんですね。
月もエロ本も、見かけのカタチが変わるだけで、実際自身が変ずるわけではない。
それは取り巻く人間が決めたことだ、見かけのカタチが変わるだけなんですね。
これはエロ本であるからカバーで厳に括らなくてはならない
これはエロ本ではないから、解放してよい
エロ本自身が決めるカバーではなく、扱うまわりの人間が決める価値、なんですね


普遍の存在を持つ物体に対する、数多の見なしの変化。
人の捉えの多様性、価値観とは一体なんだ?

エロ本に掛けられた無機物は僕等に語り掛ける。「人間とはなんぞや?」

エロ本に掛けられたビニールのカバー、満ち欠けする月を見る度僕は泣きそうになるんですよ。
だから何?ってなハナシなんですけどね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<忍者はこうして生産される | あばれはちまん | しんにょうを巡る闘い>>
この記事のコメント
・「白い」
初めて熊本市の地図を見てみました。
「ん?この線は…ちんちん電車キター!」
写真で見ましたが随分綺麗な車両なんですね。個人的にはもっと古臭いレトロな外見で、窓ガラスがガタガタ鳴るぐらいなのが好み(笑)
2009-02-23 Mon 18:42 | URL | teku2 #GCA3nAmE[ 編集] | top↑
・「teku2さんへ~市民番号ヲの8番~」
ドイツのハイデルベルグという都市と熊本市は姉妹都市的な関係にあるらしいんですね。それを記念した白くてかっこいい2両編成の電車があります。teku2さんが見たのはそれかもしれませんね。

ただし、その白い電車は一部の特級市民しか乗ることが許されてなくって。僕のような2級市民は乗ることができません。ちなみに2級市民は公共の場では番号で呼ばれるんですよね。僕の市民番号は「ヲの8番」で、車掌さんからの「ヲの8番!乗ってよし!」という掛け声とともに駆け足で電車に乗り込むことになります。
2009-02-23 Mon 22:46 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。