FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
英語の時間
2009-06-17 Wed 21:53
テレビを眺めていましたら倖田クミがCMで唄ってたんですね。
聴くとは無しに流れる音楽を見るとは無しにテレビで見ていたんですが、画面の端に流れる唄のタイトルが表示されたんですよ。朧な意識でよっこらせと見てみますと、どうやら"Lick me"というタイトルの楽曲らしい。

こう見えて英語には自信があって。
"wild"の名詞形は"wilderness"となるんですが、"ワイルドネス"と発音するのはアマチュアなんですね。なんていうのかしら?我慢が足りない。英語の発音ってのは英単語と僕ら人間の我慢比べという一面があって。英単語と僕等は水を張った洗面器に顔を突っ込んで、どちらが先に我慢できなくなって顔をあげるか?命がけで競い合っているようなもんなんです。"ワイルドネス"という手の届く安直に依り顔を上げたいのををグッと堪えてここは未到の"ウィルダニス"と発音するのが正しい。で、中学時分の僕は誰に習うことなく、ましてや呼吸の我慢を強いられることなくごく自然に"ウィルダニス"と発音してたんですよね。このキャパの違いにおいて神童っぷりが窺い知れるかと思います。

そんな英語長者な僕ですから"Lick me"の意味なんぞツルッとお見通し。"Lick me"の意味を自然に、カラスが生ゴミを漁るような調子で訳してみたんですが。

「私のクリッとした突起物をペロペロ舐めて」

だったんですよ。あきらかに日本語の、あの懐かしい下卑た文字達が、多い。

getという単語の意味を英和辞典で調べていただくといいんですが、やたらたくさんの意味があるんですね。どうすればたくさんの意味を覚えることが出来るのか?と言えば答えは簡単、「意味を一個だけ覚えて、後は自分の都合の良いように訳す」これなんですね。"get"は「得る」という意味がありますからそれひとつ覚えておいて、後は前後の文脈に沿って適当に、都合の良いように訳すんです。

他の英単語についてもそんな調子でして。件のLickの野郎については「舐める」っぽい意味合いの単語だとしか覚えていなかったんですね。他の意味は知らなかったんですよ。で、Lickの何やらクリックリとした音と相俟って、まぁ、そりゃあそんなにクリックリとしてりゃあこう、ペロリとねぶるしかないな、ここで洗面器から顔を上げるわけにはいかないし、といった具合で。最終的に解答用紙には決して書けない和訳の完成と相成ったわけです。

get=得るという意味をひとつだけたずさえて、僕は全く不自由しなかった。
僕が抱いていたgetという花は、確かに一輪しかなかったが僕の中において豪華絢爛な花束だった。僕ならば世界中のgetにあるべき有用な幾万の意味を与えることが出来ると信じていた。一輪の花を手品のように花束に変えることが出来ると信じていた。いや、getのみならずそれがたとえLickであれ、意味一輪から無限の花束を作ることが出来ると信じていたんですね。

咲いている花を毟り僕は、「おそらく3つあるんだろうけど、どの突起?」などと、30オーバーの人間がおよそ考えついてはならない思考というか、ウジムシのようなシナプスの反応をなすすべなく見ているだけだったんですね。

僕がいつまでも綺麗に咲くと思っていた無限の花束はいつしか一輪、また一輪を花を落として、いつしか枯れ果ててしまっていた

ひとつの英単語にひとつの意味だけ与えて、そこから無限の意味を紡ぎ出すには僕はあまりにも穢れすぎてしまったと、泣きたくなるんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クリムト | あばれはちまん | 物理の時間、数学の時間>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。