FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジュディオング以外のカタチをしている
2009-07-14 Tue 21:54
年功序列型賃金と終身雇用に代表される、所謂"日本型経営"が崩壊し、日本のサラリーマンの価値を決定する要因は個人の能力と達成した成果になりました。この、合理的に見える"能力主義"と"成果主義"には実は大きな瑕疵がありまして。

「能力や成果を正確に測る物差しが無い」んですね。

個人の能力を測るテストがあるわけでもなく。例えば販売を担当するサラリーマンならば販売した数=成しえた成果となりますが、その販売員を間接的に支えた他の会社員の成果はどうやって測ればいいのでしょうか?

誰もが納得できる、サラリーマンの能力・成果を判断する正しい物差しを持たないまま能力主義と成果主義に走ってしまったことが現在の労働市場に混乱をもたらしているひとつの大きな要因であるといえます。

で、日ごろ大した成果を上げるでもなく他者に秀でている能力といえば「揉め事を圧倒的無関心をもって傍観する能力」程度の僕、おそらくスタンド能力が僕には備わっていて本気出せば背後からズキューンみたいな感じでスタンドが現れるんでしょうがたぶんそのスタンドは僕と一緒に腕を組んで揉め事を傍観しているだけ、だと思われる僕なんですが。先日、担当しているお客さんが来社されることになったんですね。簡単な書類のやり取りだったんですがあいにく僕は出先から社に帰ることが出来なくて。仕方ないから事務の女性に応対を頼んだんです。

「僕が担当している○○株式会社の方が書類を持ってお見えになるから受け取っておいて下さい。その方はジュディオングに良く似ていらっしゃるから、一目でそうだとわかると思います。よろしくお願いします」

そのように伝えたんですが、事務の女性が何やらハァ?みたいな感じになっている。
「ジュディオングって…誰ですか?」

事務の彼女はジュディオングのことを全く知らないらしいんですね。この平成育ちは何を言っているのかしら?ジュディオングを知らないなんて。mihimaruGTのことは知っていてもジュディのことは知らないんですね。僕はこの青臭い平成に見切りをつけ、彼女の隣に座っているであろう立派なたてがみをした昭和に応対を頼むことにしたんです。で、お客さんの唯一無二の特徴「ジュディオングにそっくり」である旨しかとお伝えしたんですが。その昭和が言うんです。
「ジュディオングって、ウィンウィンウィンウィンウィンウィンエージャー!の人でしょ?」
そうそう。その魅せられてじゃ何一つ伝えられないけど。いい感じです。
「ジュディオングって…どんな顔でしたっけ?」

僕は時々思うんです。「個人の能力や成果を正確に測る物差しは、僕らが知っている物差しのようなカタチをしていないんじゃないのか?」
例えばTOEIC何百点とか、例えば販売数前年比何%アップとか。いかにもそうらしかろう物差しでは、実はサラリーマン個人の能力や成果は測れないんじゃないのか?だから未だに誰も確かに労働市場の問題を解決できないでいるんじゃないのか?

例えば、ジュディオングに関する知識が、実はサラリーマン個人の能力を正確に測るための物差しなのかもしれない
ジュディオングの楽曲も顔もどちらも解せる=フル・ジュディ=Aランクサラリーマン(僕)
ジュディオングの楽曲しかわからない=ハーフ・ジュディ=Bランクサラリーマン(昭和事務員)
そもそもジュディオングが誰なのか?わからない=ニュー・ジュディ=ブラチラCランク(平成事務員)
という層別が成立するのかもしれないんですね。

労働市場の問題を根本的に解決する方法は、正しい物差しを整備することにあるんです。
で、それはジュディオングのようなカタチしていると思うんです。
…いや、まぁそれはないとは思うんですけどね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<弁当について | あばれはちまん | クリムト>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。