FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
黒酢酢豚弁当でありたい
2009-12-27 Sun 20:18
夕暮れ時、大渋滞の真っ只中にあって僕は、国道沿いにある弁当屋の前に掲げられた幟に思考の全てを絡め捕られていたんですね。幟には「黒酢酢豚弁当」と記されてあったんですが、その6文字に、なんといいますか、字の並びの醜さみたいなものを感じたんです。

「黒酢酢豚弁当」

黒酢と酢豚を連結するにあたって彼らは何ら為す術がなかったのか?単に無策に直列に繋がれていて冗長。実際の弁当の味は抜きにして、ネーミングとしては酷い状態にあると思ったんです。

与えられた6文字を自由に組み合わせることができるとして46,656通り。その中で最も美しい組み合わせは一体どれなんだろうか?クリスマス・イヴの夜の渋滞をヒーターの壊れたダンプカーの中で独り過ごす僕、泣いてなんかいない。脳内を黒酢酢豚弁当でヒタヒタにして、黒酢酢豚弁当と僕の境目を曖昧にして無為な時間は過ぎていきました。で、辿り着いちゃった6文字の至高は

「黒豚弁当酢酢(くろぶたべんとうすす)」

だったんですね。まず、酢豚であること。そしてその酢があろうことか黒酢である贅沢を客に強く印象付ける為には一度酢達から離れなければならない。また、実際に声に出して読めば音の流れが「ロマンシング・サガ」っぽくってかっこいい・・・。

…まぁ、僕のイヴの夜はこういった、歯グソ以下の思案思考で構成されていて。誰かにタオルを投げ入れて欲しかったんですけど。

で、酢豚ショックも覚めやらぬ昨日のこと。その日僕はある女性に会ってその女性から有難い生命保険のお話を拝聴することになっていたんですね。たまにですがこういうことを顧客から頼まれることがあって、しょうがなくお受けするんですが、嫌なイベントなんです。何が嫌かって、彼女たちは押し並べて僕の人生設計を詰る、詰る。保険のひとつ位僕も加入してるんですが真っ向否定の全否定で。彼女達アマゾネスの猛攻に僕は毎度お腹一杯になるんですね。今回も綺麗に着飾ったアマゾネスが人の人生設計を大上段から詰って、詰って詰ってそして我が社の保険は哀れなポルセを救いますという愛撫で僕を濡れ濡れにしようとしていたようなんですが、ごめんなさい、僕は黒豚弁当酢酢のことを思い出したんですね。

酢達に気をとられて、いつしか僕は"黒豚弁当"と表記している。
何かを隠すためのウソが、新たなウソを生産している。黒豚じゃないのに。
「美辞麗句に飾られて、それは、本当はウソなんだろう?」
見せかけの計算、うまく進んだ唯一の未来で初めてあなたがいう"僕の美しい未来"は成立するんだろう?じゃあ、他の幾万の選択肢で豚は黒豚であり続けるの?あなたが描いた僕の未来は、未来の僕に起こりうる何%の範疇を"幸せ"でカバーできるの?

彼女が垂れ流す美しさに僕が感じとったウソと僕が心血を注いで紡いだ黒豚弁当酢酢は相似である
そう、見かけに拘り、流れに掉さしてもつまりそれは、ウソなんだ。

ああ、もっと黒酢酢豚弁当でありたい
見かけも流れも不恰好、誰からも理解されなくても、せめて真実でありたい。そんなことを考えるんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<妖怪ホッチキスねぶり | あばれはちまん | 橋よ、縮んでいるか?>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。