FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
妖怪ホッチキスねぶり
2010-01-23 Sat 21:30
僕らのような営業の人間は一にも二にも"顧客と話す"ことが大事だとされていますし、実際そうなんですね。言葉を交わして、生身のコミュニケーションをもって人間は理解し合える。顧客と話すってのは商売の第一歩なんです。

あの、amazonというのかしら?僕らのような売り子の対極にいるネット上の通信販売という獣は、なんなんですかね?売り手と買い手は一言も交わさず商品と貨幣を交換していくじゃないですか?そりゃぁ僕もね、あんな恥ずかしいタイトルのDVDじゃなかったらお店で買ってますよ。なんならレジの女性とにこやかに会話を交わしながら原罪に似たあのDVDを小脇に抱えて(勿論包装用の袋は断って)、健軍商店街のとこのスクランブル交差点を、軽くステアを左に切っていきますよ。でもね、あれはダメだ。あのタイトルはダメだわ。だって、体言止めなんだもん。

まぁ、amazonのくだりは読んでいただかなくて結構なんですが、とにかく顧客と話すことは重要で。僕らはより多く、より長く顧客と話す為の方法を用意してるんです。"顧客の事務所内を見回す"ってのは話のタネを探す良い方法で。部長の机上に孫の写真が飾ってあったり、課長の机上に先日釣り上げた大物の写真が掲げてあったり。社内行事の予定表が掲げてあれば歓送迎会の予定なんかも書いてあるでしょうし、所内の入り口には綺麗な花が飾ってあるかもしれない。それらをタネにし顧客と話をしていく。コミュニケーションをとって信頼し合えるようになってやがて僕から商品を買ってくれるようにもなるでしょう。

先日、新規取引を目指した客先で僕は、何かないかしらと事務所内を俯瞰したんです。
所内には話のタネになるようなモノはなかったんですが、誰のかは知りませんが、机上に古ぼけたホッチキスが置いてあったんですね。随分年季が入ったホッチキスだと見受けました。握る部分が金属製で、ブツブツと赤い錆が浮いている。長いこと更新されることなく使われていたんでしょう。

ホッチキスの、文房具としての"伸びしろ"はもう残り少ないんだと思うんです。
留める為に使う力を軽くなるよう工夫してみたり、留めた書類が嵩張らないように綴じた針の山が平らになるような工夫をこらしてみたり。でも、それらはやがてやり尽くされて。そう遠くない未来に他に工夫できる余地はきっとなくなってくると思うんです。

"そう遠くない未来に他に工夫できる余地は、なくなってくる"
この言葉を僕は他で聞いたことがあるんですね。僕が新入社員の時に行われた研修で聞いたことがある。それは"自動車の未来"なんですね。10年以上前の新人研修で僕は講師から"自動車に関して言えば、レシプロのエンジンからモノコックのボディーまで、ありとあらゆる技術が展開されてしまった、人がもう他にやるべき事は少なくなってきている。僕はそう聞いたんです。

10年以上経ってそれがどうでしょう。ハイブリッドカーは市場に多く出回り、レシプロのエンジンは10年前と大きく構造を変えず効率をもっと高めた噴射法で燃料が希薄な状態での燃焼を可能とし、車体は剛性を遥かに高めつつ重量を軽くすることに成功した。

人の夢は終らない

そう、人の夢は終らないんですね。もうダメだ、他に手は無いと思った所から始まる新たな欲望、人の夢は、きっと終らない。また新しい術をきっと僕らは考え出すよ。

ホッチキスにも来るべき更なる栄えある未来がきっとある。もう手は無いと考えた所がスタートだ、そう考えたんです。古ぼけて、錆びてしまったけど変わらぬ機能を果たすあの机上のホッチキスには未来がある。

じゃあホッチキスの未来ってなにかしら?と考えてみましたところ、簡単には思いつかないんですね。
ホッチキスは完成されていて、改善できそうな余地は見当たらない。

それどころか、ホッチキスについて真摯に考え行き着いた先は"妖怪ホッチキスねぶり"だったんですね。
何を言ってるかわからないかと思うんですが、妖怪ホッチキスねぶり。古ぼけてしまったホッチキスの手脂の塩味をこよなく愛し、夜な夜なその塩を舐り来る妖怪ホッチキス舐り。ホッチキス舐りが舐ったホッチキスには幸運が宿る。主に熊野地方に伝えられる、妖怪ホッチキスねぶりに辿り着いたんです。

妖怪ホッチキスねぶりなんぞのことを新規の顧客に話せるハズもなく。「そのホッチキスには幸運が宿ってますよ」なんて言えるハズもなく。あぁ今年も僕はダメだ、車も売れないんだろうねと思ったんですよ。明けましておめでとうございます。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<そうは言ったものの、お前 | あばれはちまん | 黒酢酢豚弁当でありたい>>
この記事のコメント
・「机の上には他に何かあったでしょうに」
> それどころか、ホッチキスについて真摯に考え行き着いた先は"妖怪ホッチキスねぶり"だったんですね。
本当に考えたのかと小一時間問い詰めたいです。でも百年ぐらいしたらねぶっていてもおかしくないよ、きっと。
車に関しては規制があるごとに改良の余地が生まれる。ホッチキスに何かしら規制がかかれば…って真剣に考えた私は釣られていますね。明けましておめでとうございます。
2010-01-24 Sun 22:28 | URL | teku2 #GCA3nAmE[ 編集] | top↑
・「teku2さんへ~ホッチキスから離れられない~」
まぁこんな具合で、書くことが思いつかないもんで。頭の中にフイッと浮かんだ文言で記事を書こうとしたんですが、その文言が「一軍ホッチキス」だったんですね。(神様のいたずら)ますます何を言っているかわからないかと思うんですが、一軍ホッチキス。こりゃぁいよいよ無理だぞと考え、妖怪ホッチキスねぶりに変えて記事にしてみました。たぶん疲れてるんだと思います。
2010-01-25 Mon 20:57 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「ホッチキスいじり」
ホッチキスって、1商品名だからNHKのアナウンサーは基本言わないと聞いたことがあります。
でもホッチキスはホッチキスですよね。
いまさらこれはナンチャラーですって言われてもピンとこないし。
オセロもそう。
リバーシって言われても何を気どってるんだかって感じです。
ついでに、井上陽水の歌もオセライドホテルでいいと思います。
2010-01-30 Sat 13:28 | URL | 6Y #wbvlsWA2[ 編集] | top↑
・「6Yさんへ~オオカナダモ~」
6Yさんもおよそ人の子であるならば、"ピリ辛"と謳われた料理を食べたことがあると思うんですよ。ピリ辛ラーメンとか、そこらへんのことなんですが。で、「…確かに辛いな…。」あたりの、勝ちも負けもないような凡庸な感想をもらして6Yさんの時間は無為に過ぎていったと思うんです。僕から言わせればそんな6Yさんは奴隷に過ぎないんですね。彼らのウソに踊らされたオオカナダモに過ぎない。

「なぜ"ピリ"についてもっと強く、深く考えてみなかったのか?」

僕は常々思っているんですが、ピリ辛と謳われた料理の中でピリの部分がクラウディング・アウトしてしまっている状態のものは非常に多いんですね。申し訳程度のさよなら唐辛子でピリってみせてハイ終わり!なんです。

「名は体を表す」なんて諺がありますね。

体を正確に表せなかったピリ辛達は、6Yさん言うところのナンチャラーと同じコインの表裏だと思うんです。

自身を正しく表現できていないピリ辛
自身を正しい解へ導けないであろうステープラー

彼らが能動的につくウソと、僕らが受動的に捉えたウソで世界は満ちているんですね。
2010-01-31 Sun 20:13 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「はじめまして」
私も長く接客業していましたが、お客さまとの会話から、ホッチキスねぶりにいく思考過程がすてきですね。

今は、忙しくて店員さんとの会話は最低限にしたいけど、一期一会のひと時、大切にしたいですね。

ねぶり…ww
2010-02-01 Mon 07:01 | URL | HARRY #-[ 編集] | top↑
・「HARRYさんへ~しょっぱなからごめんなさい~」
このブログの記事に書いたことがあるんですが、以前、とある飲み屋さんで"オリーブのマリネ"という料理を頼んだことがあるんです。頼んだはいいがオリーブなんて食べたことがないもんだから、変な油豆みたいなそれをオリーブのマリネだと気付かず、いつまでも僕の中でのオリーブのマリネは終ぞ提供されることはなかったんだという、まぁブルースみたいな記事だったんですが。その時の僕の中でのオリーブってのはもっとミカンチックなものだったんですね。その錯誤の理由は

「ネーブル」

なんです。ネーブルオレンジともいうのかしら?とにかくネーブルが僕にオリーブをミカンチックなもんだと信じ込ませたんですね。

で、ここからいただいたコメントへ向けてダイナミックに回帰してみたいと思うんですが。

オリーブ∽ネーブル∽ねぶる

みたいな感じで。本当にすみませんでした。
2010-02-01 Mon 21:07 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。