FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
karma
2010-03-07 Sun 20:00
僕が仕事で担当している地域はまぁ、田舎でして。養鶏を営む業者さんが多くいるんですね。そこかしこでコケコケ鳴いているニワトリなんですが、彼らニワトリこそニンゲンの業を映す鏡だと思うんです。ある養鶏業者さんのニワトリは専ら食用に、ある業者さんのニワトリは沢山の食用卵を産ませんがために。同じ卵でも業者さんによってはワクチン製造用の卵だったりしますし、食用ではなく実験動物として供用されるニワトリなんてのも飼われています。僕らニンゲンがおおむね生きていく代わりにニワトリは悉く死んでいくんですね。

そんな養鶏銀座にありながらそれでも僕はニワトリを持って照らされた人間の業というものに格別厭気を抱くわけではなく、かといって過剰にニワトリを愛している訳ではなく。僕とニワトリとの距離は世界中の人々とニワトリとの距離の平均値にごく近い値を指し示すんだろうと思っているんです。「お母さんの卵焼きが一番おいしい!」というお子でもない、からざを"痰のやうだ"と表現する文豪でもない。世界におけるニワトリ・フラット(ニンゲンとニワトリとの距離の平均値)は僕のそれをもって定義されるべきだと思うんです。

さて、ニワトリ・フラットという大して有難くもない地位にある僕なんですが、安寧なその地位を脅かさんとする、「おめぇ、口ではニワトリに対してスカした態度とってっけど、ホントはそうじゃねぇんじゃねぇの?」みたいな、修学旅行で好きな女生徒を公開しあう北関東の破竹のような自分の気持ちに気づいたんですね。その蒼色とはですね

僕は、ヒヨコに、触りたい

これなんですが。

これはこれはシンシアリー、心の底から僕はヒヨコに触って、触って触って抱っこ抱っこしたいと思っていたんですね。
僕は養鶏を営む業者さんを数軒担当してるもんですから、ヒヨコをチラ見する機会があるんです。
養鶏を営む顧客と世界情勢やら上昇する穀物相場やら、300メートル先にオープンしたセルフ式のガソリンスタンドのことについて話をするんですが。チラ魅した視線の先のピヨつく彼女たちを黙殺することなんて出来やしないんですね。手にとって、タイニーな彼女を抱っこしてみたいと思うんですが。

抱っこしたいと、言いだせない

んですね。抱っこ抱っこしたいと、抱っこ抱っこしなければならないと、言い出せないんです.句点が黒い粒になってしまうほど言い出せない。

だって、僕なんて先月をもって37歳ですよ、37歳。世が世なら死んでいてもおかしくない。そんな37がヒヨコを抱っこすることを願うわけですよ、懇願するわけですよ。あってはならないじゃないですか?BIG TOMORROWとかの雑誌を読んで蓄財の悦に入るとか、そこらへんのフェイズに在るべき37歳のオッサンがあろうことかヒヨコを抱っこしたいとか。織田信長が37歳のころなんて比叡山をバンバン焼き討ちしてるころですよ、いや、知らないですけどね。それに比べたら僕はヒヨコを抱っこしている場合じゃなく、むしろモリッと頭から丸呑みします!位の山賊クラスの勢いがあってしかるべきじゃないですか?

然シナガラヒヨコヲ抱ッコスルノ念、捨テ難シ

なんとか体裁を保ちたくてちょっと明治っぽく言ってみたんですが、まぁ、とにかくヒヨコを抱っこしたいんです。
で、考えてみたんですね。何故素直にヒヨコに触りたいと言い出せないのか?理由は簡単だったんですよ

担当している養鶏業者さんのお孫さんでしょうか?チラ見するだけでそれ以上に進めない僕を尻目にヒヨコをひょいっと掴み、撫で回している。
ほんと、あいつら予告なしにノーモーションでベロンベロン撫で回してきますからね。なんというか、奥ゆかしさがない。そんな風景を見て結論に至ったんですね。

ヒヨコ=エロい

これなんですね。ヒヨコって、つまり女体なんですよ。軽々に触ってはならないですね。
お子達は屈託なく撫で回せるがオッサンになるとそうはいかないものってな~んだ?ってクイズの答えなんですね。
こうなってくるとヒヨコの全てがエロくなってくる

オスかメスか?わかりづらい=エロ
体は子供、心は大人=エロ
黄色=エロ
ピヨたれる=エロ
掌上で、なんならウンコしても構わない=エロ

"ニワトリはニンゲンの業を映す鏡だ"と述べたんですが、ヒヨコの客観的な卑猥さもつまり、僕らの原罪の映しなんですね。
僕らはもっとニワトリを畏れた方がいい。それはニンゲンを畏れることに繋がるから、なんてことを考えるんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<巻貝と古民具 | あばれはちまん | そうは言ったものの、お前>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。