FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
巻貝と古民具
2010-03-24 Wed 22:36
マスターキートンという漫画の中で、主人公の恩師だったある教授のエピソードが紹介されています。教授は第二次世界大戦中、ロンドンを襲った空爆の中でも決して講義を止めようとはしませんでした。教授は言いました。「敵の狙いはこの攻撃で英国国民の向上心を挫くことにある。ここで私達が勉強を止めればそれこそ敵の思うツボ。今こそ学び、新しい文明を築くべきなんだ。」

学術を極める為に必要なモノはなんでしょうか?
個人の情熱、与えられた才能と環境、才能を補う努力、閃き、出会いと機会、良き先達。いろんなモノが絡み合って学術の木は強く大きく育っていくのでしょう。もし僕が学術の木を育てる為の栄養をひとつ、加えることを許されたとしたら、僕は「意地」という栄養を加えたいと思うんです。いや、「狂信」とした方が良いかもしれない、とにかく赤くてドロドロと滾った、どちらかと言えば毒薬に近いモノを根元に撒いてみるんです。

人体の不思議展という催しが熊本で行われているんですよ。人の体がどのように出来ているのか?模型ではなく本物の人体をもって製作した標本で解説されてるんですね。人伝になかなかためになると聞き及び、行ってきたんですよ。

行われていたのは熊本城の近くにある熊本県立美術館という所だったんですが、万事便所育ちな僕です。そのようなアカデミックな場所に向かうなんて久しぶりなもんですから完全に舞い上がってたんですね。フワフワ気分でいつのまにか開催場所は同じく熊本城近郊にある熊本県立博物館へと、脳内でいつのまにかフワフワシフトしていったんですね。"人体の標本"という字面だけで美術館というよりは博物館の方がふさわしいじゃないですか?なんとなく。

己が錯誤を一片たりとも疑うことなくモリモリと博物館へ向かって歩いていったんです。展示会の会場に近づくにつれ、展示を告知するポスターの一枚や二枚貼ってありそうなもんだと朧げな意識の中で微かに感じたんですが。そもそも博物館でやってないから告知されているハズもないんですけど、それこそが罠なんですね。アカデミックトラップ。「高尚な展示をわざわざへりくだって民草に知らしめる必要はない」そこらへんの興行と一緒にするなと、博物館は無言で僕を叱りつけていると感じたんですね。だからポスターなど貼ってない。実際は場所が違うからなんですけどね。

そんなこんなで博物館の入り口に着いたんです。玄関に至っても未だ告知のひとつもない、いや、更に言えば人っ子一人いないんですね。ネコが二匹マオマオ鳴いてる位で、世界には博物館とネコと僕しかいないといわんばかりにメランコリーだったんですが、これこそ名物アカデミックメランコリー。本屋で立ち読みをすると必ずトイレに行きたくなる僕なんですが。そんな時まわりを見回しても僕と同じくトイレに行きたくなってクネついている人を僕は見たことがないんですね。で、僕は思うんですね。「本屋でトイレに行きたくなる人の話って時々聞くけど、それって本当は僕しかいないんじゃないのかしら?」本屋で感じる寂しさにごく近いアカメラで素肌ツルッツルになりながら入場料300円を券売機に放って、いざ、人体の不思議の世界へ誘われてみたんですが。

入場しても誰もいない

長机に女性が二人座って、なんかの受付をしている。客とおぼしき人はどうやら僕しかいないようでした。
事ここに至ってようやく気付いたんですね。謀られたと。いや、誰も謀ってないんですけどね。

でも、ここで前述の教授の話を思い出したんです。「ここで博物館から出てしまったら、それこそ奴らの思うツボだ!」
順路と書かれた道に沿い、有明海の巻貝などの標本をさもそれが目的であったかのようなフムフム顔で舐りまわしていきます。
二階に上り、いよいよ激突する僕の意地と肥後の古民具。「ここで挫けてはいけない」空はまるでドイツ空軍の爆撃機で埋め尽くされているようでした。二階図書室にて一生触れることのないような、壺に次ぐ壺みたいな写真集をパラパラめくって「ああ、そういう解釈?」みたいな表情を浮かべる僕、「さぁ、あと十五分もある。講義を続けよう」

やがて学術の高みに辿り着こうとするならば、人は意地を張らなくてはならない。
理屈や機知の及ばない、「やり遂げる狂信に似た意地」が要るんだと思うんです。
人体の不思議に触れようとして、意地を張って結局古民具に触れた僕だったんですが、そんなにイヤな気分じゃなかったんですよ。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<"パンツを干す"ということは | あばれはちまん | karma>>
この記事のコメント
・「よりによって古民具とは」
って要するにこれポルセリーナさんの不思議じゃないですか。でも思うんですよ。「本屋で立ち読みをすると必ずトイレに行きたくなる」って話ですが。トイレで立ちションすると必ず本屋に行きたくなる、と比べたらまだましかと。学びの道は厳しい。
2010-03-27 Sat 18:16 | URL | てくに #GCA3nAmE[ 編集] | top↑
・「てくにさんへ~書くのが下手になりました~」
てくにさんクラスになってくると、僕がわざわさリンクなんぞ貼らなくとも熊本博物館のHPを地球が真っ二つに割れるほど検索して調べていて、地球が真っ二つに割れるほどそれが記事に書いてあるような県立という状態じゃなくって実は市立であることをわかった上で、それでも僕のコトが好きだと仰っていただいていると思うんですね。どんな顔をしてその気持ちに応えればいいのか?未だその答えに至っていない僕なんですが、今、確かに言えることは「この記事って、おめぇ、ただたんに場所とかその他いろいろと間違えたOLのトホホ話なんじゃねぇの?」みたいな謗りを一身に受け止め、受け止めて受け止めて、それでもそこそこのクオリティだったもんでこの話で更新してみました、みたいなですね。
2010-03-27 Sat 22:09 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「こっちで見てみようか」
しかし「献体」ではないらしいです。世界では米国ABCニュースビデオにあるように、「献体」ではなく「闇売買死体」であり、
フランス・ドイツで裁判所が「人体展」中止命令を出し、米国ハワイ州で死体展示禁止法案が成立しました。
下記を是非ご覧下さい
○フランスの裁判所は「人体展」に対し「中止を命じる判決」を下しました。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-37634720090422
○「献体同意書は盗用偽装」「ビデオ:米国ABC20/20」
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-100.html
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-216.html (読売記事)
○「沖縄展」では「法律違反」の可能性があり全ての団体が「後援を取り消し」ました。
http://www.com-net.city.naha.okinawa.jp/weldat_i/log/tree_311.htm
○「人体の不思議展」に疑問を持つ会
http://sky.geocities.jp/jbpsg355/
2010-03-27 Sat 22:32 | URL | 人体 #mKbor7qk[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。