FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
君が輝く時
2010-10-17 Sun 19:48
催し物に併せて行われる特撮ヒーローのショウがあるじゃないですか?仮面ライダーのあれであれプリキュアのそれであれ、お子達は地球を真っ二つに割らんばかりの入れ込みようでショウを観るじゃないですか?あれって「自分もあんなヒーローやヒロインになれることを信じて疑わないから」だと思うんですね。彼らにとって特撮ヒーローのショウは「あんな風になりたいの先の"自分もきっとヒーローになれるんだ"」という思考が根底にあって。ステージ上のヒーローは他人事ではなくやがて達する自分の未来像だと信じていると思うんですね。

彼らお子達はやがて自分がヒーローやヒロインとして選ばれることを信じて疑わない

でもそんな彼らが信じて疑わなかった未来はやがて、雨に濡れていく古新聞のように緩やかに世間に侵されていって。自分こそがヒーローだと信じた彼らはやがて誰かが達するヒーローに憧れるようになり、最後にはあんなものは虚構だよと嗤う。届くと信じた高みを見上げ届かないことを思い知り、あれほど届くと信じた高みは大人になった彼や彼女が常に見上げる濁った灰色の空に沈んでしまった。

ヒーローやヒロインとして選択される未来は諦念の空に沈んでしまった

もちろん僕もそんな「ヒーローに選ばれる未来」を結構早い段階、小学生の頃母親が道で拾ってきた1万円でお米(白米)を買ったという、お金を拾わなかったらお米が買えないという日常にあった我が家のあの日あたりで諦めてしまったひとりなんですが、最近、ちょっと、これはヒーローに届くんじゃなかろうかというシーンに遭遇したんです。

先日、スーパーで買い物をし、レジで並んでいたんです。僕の一つ前で精算をしていたのは中年男性で、僕の後ろに並んでいたのは高校生位の若い男性だったんですね。前の男性が良く出来た彫像のように表情の無いレジの女性に支払いを済ませ、僕の番になったんです。合計金額を知らせるラッパが彫像の口のあたりから鳴り響き、お金を支払ったんですが、レジの女性がレシートと一緒に何やら僕の手にオブジェクトをスッと、忍ばせてきたんです。中南米あたりの麻薬の売人が馴れた手つきで薬を客の手元に滑り込ませるあの、微風に似た滑らかな空気の振動をもたらして彼女は僕に何かを渡し終え、彫像から一瞬人間の女性(遠藤久美子似)に戻り、意味有り気に僕に微笑み、直後にまたあの彫像のように表情を無くして若い男性の精算を始めたんです。

まぁ、レジの女性が忍ばせてきたオブジェクトってのは"シールを集めてサンリオキャラクターのぬいぐるみを特別価格で買えるキャンペーンの応募用紙"だったんですけどね。レジの女性は僕の前にそんな用紙は渡さなかったですし、僕の後の若い男性にも渡さなかったんです。僕は選ばれたんですね。

とうの昔に灰色をした諦念の空に沈んでしまった、夢を夢だと思わなかったあの日。僕は特別な人間であるとして神様から選ばれ、世界を救うことを疑わなかったあの日。世界を救うヒーローに選ばれることと並み居る強豪を抑えてサンリオキャンペーンの参加者に選ばれることは若干の程度の差こそあれ、二者は相似であると思うんですね。

君が輝く時、君は特別なヒーロであるとして選ばれる。灰色の空に消え去ったと思った未来は消えてなんかいない、見えなくなっただけなんだ。

サンリオキャンペーンの応募用紙を握り締め、そんなことを考えるんですよ。只でくれるんじゃなくって、特別価格で買えるってトコに何やら世知辛さを感じながら。
101017_1935~01

姉が僕に言ったんですが、このキャンペーン用紙って、1,000円以上買い物をしたお客全てに配っているそうなんです。僕の前後の男性は1,000円未満の精算額だったから配られなかっただけのことらしいんですね。姉が何を言ってるのか?ちょっと僕にはよくわからないんですけど。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ウタマロ石鹸 | あばれはちまん | 海岸通りはどこにある?>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。