FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
レッサーパンダと青い珊瑚礁、ブルックシールズの尻をペーッフ!と叩くことについて
2011-08-18 Thu 22:33
その日は休日だったんですが、僕と後輩の二人は出勤して顧客対応を行っていたんです。午前中一杯で対応業務にひと段落ついたもんですから、僕は会社にある休憩室でテレビを見てたんですね。適当に押したリモコンスイッチの先には、レッサーパンダっているじゃないですか?あの愛くるしい容姿をした茶色。彼らレッサーパンダの生態を紹介する番組が流れていたんですね。

僕はこういった生物の生態を紹介する番組に対して非常にオープンなんですね。ダーウィンが来た!なんぞを正座してがっつり観たりする。僕が節目節目に絶対の自信を持って放つ乾坤一擲のアメリカンジョーク「NHKで"エビの一生"というエビの生態の紹介をする番組を観てて、番組が終って次に流れて来たのが"今日の晩ご飯"という料理番組で、献立がエビフライだった。ここまでがエビの一生だった」という。こうして文字にすれば冗長で全く面白くないけど実際ライブで見れば全然違うから!これの派生で「カキ(牡蠣)の一生」ってのもあるから!と半泣きで主張するこれらも動物の生態番組あってこそのモノなんです。

画面ではレッサーパンダが縦横無尽に、こう、すごいんですね。ちょっと前に評判になったレッサーパンダの風太っていたじゃないですか?二本足で立つ姿が評判になったヤツ。レッサーパンダが立つのは理由があって、レッサーパンダは竹の葉を食べるんですが、高い所に生えている葉の方が若い芽で柔らかくおいしいそうなんですね。高い葉っぱに届くように立つようになったらしい。また、四つんばいでいるより立った方が広く周りを見回せる。敵を発見し易いから立つらしいんですね。時間が経つのも忘れて僕は番組に見入っていた、いや、決してレッサーなどではない彼らに魅入られ始めていたんですね。

僕とレッサーパンダが描く螺旋を乱すように、同じく業務にメドをつけた後輩が休憩室に不意に入って来たんです。
僕は、後輩が入ってくるや否やテレビのチャンネルを変えたんですね。変えた先の番組がなんであったか忘れてしまったんですが、当たり障りの無いであろう他の、おそらくは無価値な何かに、確かに変えた。

何故チャンネルを変えたのか?ちゃんと理由があって。
家族で「青い珊瑚礁」なんぞの洋画を予備知識も持たず観ていたら、まっぱで泳ぐ男女がツルッと流れたりして茶の間が微妙な空気になったりするじゃないですか?お母さんが用も無くいそいそと台所へ行ってみたり、お父さんが吸い終わったばかりのタバコにまた火をつけてみたり。震える手でタバコに火をつけたお父さんが子供達に就寝の時間であることを断固たる覚悟で伝えた、あの日の空気。後輩が入ってきた休憩室で僕はそれと同じ空気を感じたんですね。

「人間関係の悩み」が自殺の原因に占める割合は大きくって。
僕は自殺する人の気持ちはわかりませんが、人間関係に悩む人の気持ちはわかるんです。
人と接する度にまるで石鹸が小さくなるようにココロが擦り減っていく。
もうすっかりココロが擦り減ってしまって、死を選ぶ人もあるでしょう。

お父さんがチャンネルを変えたのも、僕がチャンネルを変えたのも同じ理由で、「濃密な人間関係に対する恐れ」だと思うんですね。
ココロがガリガリと擦り減っていく。得られるものも大きいでしょうがリスクも大きい、深く濃い人間関係。

"家族で笑いながら青い珊瑚礁を鑑賞できる"という状態は人間関係というモノのある意味での最高到達点だと思うんですね。画面狭しと展開される尻ペタをペーッフ!と打ち叩かんばかりの勢いで家族一同テレビの前から離れないようになるには一体どれだけの時間とどれだけの相互理解を積み重ねればその頂に届くのか?どれだけココロが擦り減るのか?お父さんはこれから上る山の高さに恐怖した。

"後輩と二人でレッサーパンダの番組を鑑賞する"
後輩と僕がこれから先相互に理解し合うようになるとして、このレッサーパンダの番組が引き金になるとしたら?もしかしたらレッサーパンダの番組を観ないほうがお互いにとって楽なんじゃないのか?無機的な何か別の番組、海苔の一生あたりの文字通り無機的な番組でいいんじゃないか?僕は深き山のふもとにうっかり足を踏み入れたとして恐怖した。

人間は一人じゃ生きられない♪という無邪気な掛け声の裏側に何がありますか?
一人で生きるつもりがないのなら、レッサーパンダの番組ひとつ他人と観ることできない未来があり得ることを覚悟する必要があるんですね。
スポンサーサイト
別窓 | 本当はこんな話、したくはないんだ。 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<コンビニのおでんと木曾の最後、のし袋とdemi-godについて | あばれはちまん | 人のやること>>
この記事のコメント
・「」
僕の会社では仕事場にテレビがあって、休憩室にはテレビが無いんですよ。僕らも例によって動物等のドキュメントとかが好きで、先日も「幻の黄金クワガタ」みたいな番組を見ていたんですね。1時間半か2時間くらいの番組で、なかなかその黄金クワガタが出てこない。番組も終盤を迎えた頃に僕はお昼休みになってしまって続きを見れない場所で昼食を始めなければいけなくなってしまったんですよ。まあそのまま見ててもいいんだけど昼飯を遅らせてまで見たい訳じゃない。で、休憩室で飯を食ってたら同僚が「ラバーさん!出ましたよ!黄金クワガタ!」と飛び込んできた。「来たか!」と叫ぶのが先か一歩踏み出すのが先かのタイミングで飯を頬張りながらテレビを見に行ったんですよ。およそ30代後半の男性が取る行動じゃないんだけど。さんざん引っ張って登場した黄金クワガタってのがなんか黄色いゴキブリみたいなやつで。途中に出てきたカブトムシとかの方がすごかったんですよ。こんなのを見に飯を頬張りながら休憩室から飛び出してきたのかっていう虚無感が仕事場に浸透してなんか職場がしょっぱい雰囲気になったんですよね。あの時の空気が件のブルック・シールズのアレかとも思ったんだけど、違うね、これ。いや、でも、職場の仲間とNHKの動物モノを見ながら持論を展開し合うのはいいことだと思うんだけどね。仕事しろよっていうのは別の話で。
2011-08-19 Fri 13:44 | URL | ラバーソウル #4uAjNfEA[ 編集] | top↑
・「ラバーさんへ~黄金~」
同僚「…なんか、黄金クワガタって、・・・ゴキブリみたいだったっスね」
ラバーさん「…ああ、ゴキブリみたいだったな」
同「俺、以前家で日曜美術館って番組を観てたんスよ。"クリムト~黄金に輝くエ○ス~"みたいな副題がついてたもんスから、観てたんスけどね、なんか番組の最後の方で塩豆みたいなのがチロっと映っただけで大して黄金じゃなかったんスよね。黄金なんて所詮ウソなんすかね?"名物にうまいものなし"って格言みたく、所詮まやかしなんスかね?」
ラ「…待ってた時間が黄金じゃないの?」
同「・・・待ってた時間が…黄金!?」
ラ「そうさ。待ってた時間俺達が感じた希望、夢、黄金を求めた一体感。それこそが黄金だったのさ」
同「…ラバーさーん!!」

みたいなやりとりが展開されてラバーさんと同僚の方が相互に理解を進めていったとして、僕にとってそれはちょっと、重く感じられるんですね。ドン引きされるかもしれませんが。

そんなことより、ラバーさんにコメントを返そう返そうとしてたんですが、なんか「不正な投稿だと判断されました」みたいな文言とともに、なかなか投稿できなかったんですよね。自分のブログに自分で不正なコメントを四苦八苦しながら書き込む、この時間こそ黄金だなぁなんて思うんですね。
2011-08-21 Sun 16:15 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
・「後悔」
"森繁ヒサヤが『戦士が還ってきた!』と天国で叫ぶような"記事でした。後半結構シリアスなのに、笑っちゃって不思議でした。なんなんでしょう、これは…
カテゴリー「本当はこんな話、したくはないんだ。」久しぶりでしたね。前のも読んでみたんですが、刺激が強すぎて眩暈がしてきたので「傲慢~superbia~」の途中で止めておきました。
2011-08-24 Wed 19:42 | URL | ちえみ #-[ 編集] | top↑
・「ちえみさんへ~変な、ドロリとした湧き水が~」
レッドツェッペリンの楽曲に"天国への階段"って名曲があるんですが、歌詞を書き上げるのに10分程度しかかからなかったらしいんですね。非常に良いコンディションでスラスラと、まるで水がコンコンと湧き上がるように歌詞が浮かんでいたんだと思います。

翻って僕もちえみさんに指摘されたように「本当はこんな話、したくはないんだ」というカテゴリーの目腐れ記事を何本か読み返してみたんですが、結構ノリノリのキレキレで書いたんだと思うんですね。書き上げるのに10分と掛からなかったハズです。
2011-08-24 Wed 22:37 | URL | ポルセリーナ #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。