FC2ブログ
あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
大さじのこと
2012-02-08 Wed 22:20
今、僕の中で料理が熱いんですね。真面目に取り組みたいと考えているんです。僕もいつかはあんな、エロ本が死ぬの生きるの空を飛ぶなどといった目腐れ記事など書くのを止めてもっと素敵で有益な料理の記事なんかを、こう、作った料理の写真と共にアップしたりしてみたいと考える。僕がブログにアップした最新の写真って「す」ですからね。こんな、どうしようもない便所の向うから僕を救ってくれるのは料理なんじゃないのか?なんて、わりと真面目に考えているんです。

勿論具体的な目標もありまして。とりあえず31種類の料理を作れるようになりたいと思っているんです。一日一種食べたとして一か月分ですね。その料理ってのも例えば「卵焼き」などといった、卵のなんたるかを知らない火星人でもどうにか作れそうな簡単なヤツじゃなくって。"ボルシチ"クラスの手の込んでいそうな響きを持った、他人様の耳目を集める31種類でなくてはならないと思っているんです。取りあえずひとつは作れますからあと30種類。この31種類のレシピを手に入れることで僕は変われそうな気がするんですよ。小分けにされたこの世のドラゴンボールを探す旅が静かに始まりました。

例えばペペロンチーノを食べるにしても、今まではコンビニの弁当コーナーで出来あいのヤツを買ってたんですが、実社会の孫悟空はちょっと違います。ちゃんとしたペペロンチーノ・ソース(アーリオ・オーリオなんとかって書いてあるような)を買って、それをパスタ麺を混ぜて食べる、まぁこれも出来あいのヤツと大きな差は無いと言われればそうなんですが。僕にとっては偉大な進化、なんですね。

で、そのご自慢のペペロンチーノ・ソースなんですが、裏に使用方法が記してあって「パスタニ人前につき大さじ3杯が適量」としてあるんです。僕は大さじ1.5杯を麺上に放るんですが、あまり美味しくないんですね。どうにも味が薄い。原因はわかっていて、僕が使った大さじって、実は只の大きめの素さじで、計量用のモノではないんですね。彼が求める量に対して素さじでは幾分不足するんでしょう。これは買うしかない、僕の明るい未来には計量用の大さじが必要だと思ったんですね。

僕がこの手の生活用品を買うお店は決まっていて、どこにでもあるような、商品がそこかしこに並べられたよくあるディスカウントショップなんですが。商品の配置が雑然という状態を超えた霊的な配置といいますか、商品そのものより配置にこそ意味があるんじゃないかと考えてしまうようなお店なんですよ。例えば電化製品コーナーの真っ只中に目立たぬように置かれた粉末のポカリスエットは店の商品ラインアップの潤沢さをさりげなく主張しているようで、その粉ポカリには清楚な女性とすれ違う際の主張しない微かな香りと同じモノを感じますし。例えば飲み物コーナーの間に置かれた米びつに変なお虫が発生するのを防ぐ防虫剤みたいなヤツには漲る父性、いきなり怒鳴り始める中年男性と同じモノを感じてしまうんです。

そんなlimboで僕は大さじを探したんですね。上記のような商品配置です、鍋やら茶碗やらが並べられたセクションに安穏と置かれていると考えるのは間違いで、お店の端から端まで見て回る必要がある。僕は探したんですね。あのドラゴンレーダーを。

で、なかったんですね。あの女性用下着の裏にもあのモンキーレンチのとなりにも、大さじはなかったんです。
そして、置いてないことで、配置されていないことで僕は大さじを手に入れることができたんです。

最初の大さじについて考えてみましょうよ。そこに至るに様々な議論と思考錯誤、たくさんの人々の思いや願いを経て大さじは大さじであると認知されるようになった。大さじには大さじに至る過程があったんですね。でも、僕は大した過程も経ず大さじを手に入れようとした。大さじを得るにそうでなくてもいいんですね。得るに過程があって良い。失敗と誤解と成功があってよい。そう、僕の大さじはあの大さじと同じでなくても良い、僕には僕の過程があっていつか大さじを手に入れるんだと、あの店は大さじを配置しないことで、僕に店を2周させてなお売らないことで僕に教えてくれたんだと思うんです。

君には君の大さじがある
僕には僕の大さじがある

胸の奥が何やら温かくなるのを感じて、僕のペペロンチーノの味が安定するのは暫く先になりそうです。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<secret secret | あばれはちまん | エロ本の涙>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。