あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
secret secret
2012-02-28 Tue 22:09
どうでしょうみなさん。「秘密」って、抱えていますか?人に言えない秘密。自分しか知らない秘密。
秘密を抱えることは楽しいものではなくって。「王様の耳はロバの耳」の寓話における主人公のように、秘密を抱える個人は秘密に苛まれることになるんです。また、秘密の何が怖いって、例えば、王様の耳がロバの耳だったような特別な事実のみならず、この世のどんな事象も「秘密」という状態になりうる、ことだと思うんです。公明正大、裏表なく正直に生きていたとしても、秘密は秘密の面を隠して忍び寄る。何でもないコトが突然と秘密に変化しうるんですよね。

先日、満を持して携帯をスマートフォンに変えたんです。
会社の女性が見せて見せてとやってきたんですね。彼女もスマートフォンに替えようかしらと考えているらしい。
彼女のスマートフォンに求める機能ってのがカメラに関する機能らしい。いかに綺麗な写真が写せるか?撮影した画像を修正・加工する機能に優れていることが決め手らしいんです。で、ポルセさんの携帯で写した写真を見せてよ、といった具合のハナシになったんです。

彼女が拝もうとしていた、僕が唯一写していた写真ってのが

akaimanjyu.jpg


これだったんですね。「紅白まんじゅうの紅い方のでかいバージョンと、カバレロ」
このでかい饅頭は山鹿のある饅頭屋で主人からおまけで貰ったヤツで。その饅頭屋の主人ってのが、言動がいちいちネガティブなんですね。そんなネガティブな思考の深淵にありながら何故か僕に底抜けに間の抜けた紅いまんじゅうを放った。そのコントラストがまるで異邦人を読んでいるようで僕は人を殺しそうになった、みたいな記事を書かんが為に撮っておいた写真なんですが、この写真を見られたとして、一体どこから説明すればいいのか?みんなのゴルフあたりから説明すればいいのか?社内では、僕的には西島秀俊で通している僕がですよ、なんなんですか?これは?ご自慢の8メガピクセルで撮ったのが、これですか?

この写真を、見られては、ならない

ここにおいて、でかいだけの只の紅いまんじゅうは「秘密」にドラスティックに変化したんですよ。

この前の日曜日に、自宅近くの温泉に行ったんです。その温泉にはサウナがあるんですね。夕方のことでしたからサウナ備え付けのテレビでは笑点が流れてたんです。他のお客達と大喜利を、どこか遠くで鳴っている雷の音を聞くように意識の向うで眺めていたんですが。

林家木久扇が片岡千恵蔵のものまねを始めたんですね。遠くで鳴っているとばかり思っていた雷は、いつのまにか目の前に。僕は彼の片岡千恵蔵の真似ってのが、ちょっとツボなんですよね。思わず笑ってしまいそうになるんです。元々笑うという行為に関して僕のハードルはごく低いんですね。女子高生みたいにすぐケラケラと笑ってしまうんです。でも、木久扇の片岡千恵蔵のものまねって、まぁ面白くはないんですね。以前、髭男爵のコントを観て大笑いしていたら後輩から咎められたことがあって。もっと年相応のハードルを備えなさいよと言われ、大いに反省したことがあるんですがあの時の決意はどこへやら、静まり返っているサウナの中で木久扇の片岡千恵蔵と僕の、プスンプスンという押し殺した笑い声が螺旋を描く。

僕が笑っていることを、まわりのオッサン達に、知られてはならない

もはやハードルでさえない木久扇のものまねで犯された僕は汗ひとつかかぬままサウナを後にしたんですね。あのような辱めがあってはならない。

サウナにおいて木久扇のものまねで笑う僕は、それ全体が「秘密」に変化したんです。

イヴがエデンの園で蛇にそそのかされ善悪と知識の木の実を食べた時から人間は秘密というものの存在を認識し、秘密が暴かれるのを厭うようになった。秘密というのは生きる人の影の部分そのものであり、その時間が長ければ長いほど、その存在が大きければ大きいほど秘密も増えるんだと思うんです。秘密はどこにでもある。人が秘密を抱くんじゃなくって、秘密が人を作るんだ。

そう考えてみれば秘密を抱くことができるってのは、人間の定義であるような気がして。もしそうだとしたら紅いまんじゅうの写真とサウナ内での木久扇のものまねが僕の定義だとしたら、それはそれでイヤだなと思うんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<大人のチカラ | あばれはちまん | 大さじのこと>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。