あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
クロレッツXPオリジナルミント(日本クラフトフーズ)
2012-05-29 Tue 23:01
運転中にガムを食べて、空になった包み紙をおでこにペトッと貼り付けることがあるんですよ。びっくり人間特集なんぞのテレビ番組で体にナイフやフォークやフライパンやらを貼り付ける外人が出たりするじゃないですか?それのアマチュア版とでもいいましょうか?入門版とでもいいましょうか?あの銀紙を額に貼るシーンが僕の人生には確実に存在するんです。僕のおでこは断じて、断じて脂ぎってなどいないんですが結構長い事くっついてるもんなんですよ。さて、この「額にガムを包み紙を貼り付ける」という、毒にも薬にもならないような無意味な行動に意味と血肉を与えたい、そう考えたんですね。僕の人生の一片を確実にシェアしたあのコットンタイムに奥行きを、ただの薄い銀紙が生きて立ち上がってくるような血肉を。ちょっと表現し辛いんですが、そうですね、昔、とあるいかがわしいビデオを観るとは無しに観ていたときのことなんですが、演者の女性の自筆プロフィール・カードみたいなヤツが映されまして、女性の干支が彼女自身の手によって記されていたんですが、「鶏」って書いてあったんですね、「酉」じゃなくって「鶏」。それを観たとき僕はひどくショックを受けたんですね、「鶏」の、あのライヴ感といいますかマッシヴな生き物っぽさといいますか、干支を表示する記号としての「酉」は「鶏」と書かれたことによって大空を舞わんばかりの生命を得たと思ったんですね。まぁ鶏はあんまり飛ばないんですが、あのいかがわしいビデオでの干支と同じ奇跡をあの銀紙にもたらしたい、そう考えたんです。

まぁ、いかがわしいビデオの件は読んでいただかなくて結構なんですが、なんらかの意味を与えないと、ほら、ちょっと僕がアレな感じになるじゃないですか?僕がウィザードリーのモンスターに採用されたとして、不確定名:奇行に走るサラリーマンじゃないですか?知らない人がおにぎりを恵んでくれそうなシェイプをもって、初期装備でタコ殴りにされそうなレベル1じゃないですか?「おでこにガムの包み紙を貼る行為」にどうにかして意味と血肉を与えないと、これはちょっとした犯罪予備軍だと思ったんですね。我が事ながら。

おでこに包帯だったら許されるわけです。ここでガムの包み紙だから、何だそりゃ?となるわけです。
彼我の何が違うのか?

怪我をしているからおでこに包帯を巻いているわけです。「包帯の裏に何があるか?ある程度わかっている」包帯は答えみたいなもんなんですね。

だけど、包み紙の裏には何があるのか?見ている人にはわからないんです。包み紙はいわば質問みたいなもんですね。

で、その質問に「統一された答えは無い」

包み紙は「スタート」だとはいえないでしょうか?そこから始まる、如何様にでも広がっていくためのスタート地点。
銀紙の裏には何もなくって、ましてやそんなモノを貼り付けてる人なんていない、それはまるで未踏のスタート地点だと思うんですよね。おでこの包帯に対応する答えはケガなんですが、おでこのガムの包み紙に対応するひとつの答えなんて無い、つまりいくらでも答えがあるんですよ。貼る人にとっての答えがいくらでも用意できる。

もしそうなら、おでこの包み紙ひとつでスタートだと言えるのなら、僕らのスタート地点はどこにでもある、就活に「失敗」した彼の、婚活に「失敗」した彼女の、事業に「失敗」した男性の、子育てに「失敗」した女性のやり直す為のスタート地点は、案外どこにでもあるんじゃないでしょうか。ここがスタートだと決めることに大きな制約なんて無くって、スタート地点なんてのはガムの包み紙のようにありふれていて、案外僕らはどこからでもやり直せるんじゃないでしょうか?

そう考えて僕は今日もガムの包み紙をおでこに貼り付ける、包み紙は心なしか熱を帯びているようで。
クロレッツXPオリジナルミントの包み紙が一番おでこ乗りがいいんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 全力レビュー | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<事件は会議室で起きている | あばれはちまん | 町田公二郎と京都郡刈田町、言葉が手足を伸ばすことについて>>
この記事のコメント
・「買いません!」
ポルセリーナさん、こんにちは(´ー‘)ノ
古畑任三郎シリーズの中で、「頭に赤い洗面器を乗せた男」の話が、桃井かおりの回と山城新吾の回で登場するんですが、どうして赤い洗面器を乗せてるのか、その理由のとこがいつも邪魔されて語られず、最後までその答えがわからない、古畑ファンなら誰もがその魅力を語るとき、引き合いに出すと思うんですけど。
ポルセリーナさんのおでこにガムの包み紙を貼る行為も、同じくすれ違う人々に強い印象を残すと思うんですが、ポルセリーナさん、果たしてそれは、「スタート地点」と言っていいんでしょうか。
(後半深イイ話風になってますが、そうはいきません!)

むしろこれは、「終焉」ではないでしょうか。
その行為によって、ポルセリーナさんのカラフルな(?)個性はかき消され、「デコにガムの包み紙が貼り付いてる男」その一点に限定されてしまうんじゃありませんか?
あえてそこをスタートにするのは、あまりに険しくはありませんか?
そこにはどういうゴールが待っていると・・・!?
(なんだか訳がわからなくなってきました)

とにかく。クロレッツXPオリジナルミント、こんなんじゃ売れませんからね!
2012-06-01 Fri 15:58 | URL | ちえみ #-[ 編集] | top↑
・「ちえみさんへ~玄人~」
少し前のことなんですが、「就職活動に失敗してジサツする若者が多くいる」というニュースを見たんですね。今回の記事はそれに呼応して書いたものです。「最近の若い者は云々」などと鞭打つつもりはありませんし、かといって彼らを現代社会の殉教者として殊更哀れむ気もないんですが。「スタートラインはどこにでもある」その事実を知らせなければならないと思ったんですね。少なくとも命を賭けて辿り着くべきスタートラインが就職活動であるとは思えないんです。


さて、ちえみさんクラスになってくると盛大な「ツン」コメントの裏で、日毎夜毎にガムの包み紙をおでこに貼る作業に没頭しておられることでしょう。近い将来ちえみさんが「・・・アクオの包み紙の方が、"額を押してくる感"が強い」あたりの、玄人っぽいコメントをこの記事に付けやしないかと内心ヒヤヒヤしています。
2012-06-03 Sun 15:54 | URL | porcelina #GBQCP7FA[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。