あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE Ⅵ
2013-04-18 Thu 21:04
僕がそのクリーニング屋をよく利用する理由は単に業務上の都合からもたらされるものではもちろんなく。僕はその店の会員になっているのですが、会員カードを持ってクリーニングを出しに来る事はまず無いんですね。僕と店員さんはとうの昔に顔見知りな訳ですが、いざ会員カードを持たずにクリーニングを出そうとすると、それまで柔和な笑顔を湛えていた店員さんは夜叉のような表情に変じ僕に携帯電話の番号を尋ねる。電話番号で会員№を検索出来る仕組みのようなのですが、その、絶妙な距離感というのかしら?カウンターを隔てて僕と店員さんの間には、カウンターの長さ以上の距離があるという峻厳な事実を、結局人間最後は独りなんだという荘厳な事実をいつでも、会員カードを持たないで来る事で確かめることができる、これは言うなれば死の疑似体験でしょうし。また、そのクリーニング店のレジスターは出した衣類の種類を表示する電子小窓がついているのですが、そのレジスターの衣類に対する無関心さときたらもう、ビヨンド・ディスクリプションな訳です。一着何十万もするスーツを出しても、まぁそんなスーツ持ってないんですが、一着9,800円のスーツを出しても、まぁそんなスーツは2着、否、4着は持ってるんですが、あの小窓にヘコッと表示される文言は「スーツ」なんですね。「高級スーツ」でもなく「ジャスコの吊り下げ」でもなく、ただの「スーツ」。あの無関心な小窓の表示は人が作った一切の「差」を無効化する自然の営みの象徴であり、いつか人間が神を造るとしたら、おそらくあのレジスターのようにフラットで抑揚の無いアルゴリズムを実装すると思うんです。

そんなこんなで先日、そのクリーニング店にクリーニングを出しに行ったんです。スーツを一着持っていきまして羅刹のような顔をした店員さんに電話番号を告げ、スーツのポッケにレシートやら何やら入ってないか?イゴイゴとまさぐり確認していましたら、「ハンカチ」が出て来たんですね。使ったヤツをそのまんまポケットに入れっ放しにしてたのでしょう。煮しめ然としてくるくるってなって寂しげ、所在無げな彼女は行き場を失くして泣きながら僕を見上げているようでした。

僕らは何故、今日使ったハンカチをスーツのポケットに入れっ放しにしてしまうのか?
僕らは何故、今日使ったハンカチを洗濯機に放ってリセットすることが出来ないのか?

陸上競技で全力を出し切った選手たちは、ゴールするやグラウンドに倒れこむ。力尽きた彼らは美しく、観る者に感動を与えるでしょう。
かたや僕らのような平凡な社会人達は、力尽きて倒れたその場所はゴールだったのかどうかもわからず、今日を綺麗に終れないでいる。

僕は、彼女達使われたハンカチはつまり、僕等自身の投影だと思うんですね。今日をうまく終れなかった僕等自身。何も成せなくて疲れきった僕等そのものだと思うんですね。

使われてスーツのポケットの中という安いベッドに倒れ込む、スポーツ選手のように美しくはないでしょうけど、美しくないだけなんですね。戦って戦って、突っ伏して、丸まって、臭くなって、美しくないけど、ただ、美しくないだけ

すべてを正しい場所へ

あの、使われっ放しで丸まったハンカチがあるべき正しい場所は、現代の戦乙女達が還るべきヴァルハラは、スーツのポケットの中だと思うんですね。
スポンサーサイト
別窓 | EVERYTHING IN ITS RIGHT PLACE | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<もうひとつのエヴァンゲリヲン | あばれはちまん | re-connect>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あばれはちまん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。