あばれはちまん 奇蹟なんてどこにでもあるのに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
イヴの夜には
2012-12-24 Mon 18:09
クリスマス・イヴの夜に男性がやることなんて決まりきっていて。僕も大多数の男性のそれと同じような行いをするわけです。

まず僕は相手が身に着けている、カラダのラインも露な黒のそれを剥がしにかかるのです。ここでこういうことを書くのは己が性的嗜好を晒すようで少し恥ずかしいのですが、僕はカッターを使って相手のそれに少し切り込みを入れ、破くようにして毟り取るんですね。なに、どうせ安物でしょうしまた買えばよい。実は僕としてはこの瞬間が一番興奮する、顔をニヤつかせながらゴム素材のような安物のそれをビリビリと引き裂いていく。相手は緊張しているのかカラダをカチカチに固まらせてあらわになったカラダを隠すように、まるで真っ白な紙のように糊のきいたモノをカラダに巻き付かせているがそれも無駄な抵抗だ。僕は相手を覆う最後のそれさえもビリビリに引き裂いて。相手は生まれたままの姿で僕の前に横たわる。

ここからが本番だ。僕は、ビニール袋から白いゴム製品を取り出し、鉄のように硬くなった棒にそれを被せていく。そして、相手にスムーズに挿入出きるよう、硬くなっている棒にタラリタラリと特殊な潤滑液を垂らす。ここは人によって意見が分かれるところだが僕としてはその特殊な潤滑液を用いるのが一番楽だ。店で数百円で売ってあるのだが効果抜群、相手の負担も少なくなる(僕は時間を掛けずに一気に挿入するのだ)。

その潤滑液で相手の中もビシャビシャに濡らす。濡れれば濡れるほどこの行為はうまくいく。潤滑液をケチッてはいけない。棒も、中も液体でビショビショにしてやるのだ。

僕は、呼吸を整え、まるで一個の生命体のようにヌラついて黒光りする棒を相手の穴の入り口に押し当て、馴らすように数センチ出し入れした後一気に相手を貫く。相手は喜悦の声もあげることが出来ず奥まで挿入されて・・・。
イヴの夜にはの続きを読む
別窓 | 無駄話 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
とまちー
2012-10-23 Tue 21:28
最近はここ熊本でも朝晩肌寒くなって、コンビニでは肉まんやおでんがちらほら並ぶようになりました。あたたかい食物が本格的に恋しくなる季節まであと少しです。先日立ち寄ったセブンイレブンではもう肉まんが暖められていたんですね。で、あの例のガラス容器の中にちょっと見慣れない名前のまんを見つけたんですね。「とまちー」と名づけられていた黄色い彼らはあの例のメリーゴーラウンドの中で出番を待つ幕下力士のようにソリッドな、それでいて詩人のような佇まいで少し悲しげに僕を見つめているようでありました。

ネット上でいわゆる「文系」を煽る言葉に「文系は一生、作者の気持ちでも考えてろよw」というヤツがあるらしくって。成る程よくできた煽り文句だと思ったんです。そんなテストがありましたね。かく言う僕も、皆さんうっすら気付いているとは思うんですが文系なんですね。そが証拠には、そうですね、これは僕がちょっと驚いたことなんですが、鮭って白身魚らしいんですね。赤いのに白身魚とはこれいかに?その事実とその納得のいかなさは僕が昔、どうしても理解出来なかった1÷3=0.333…=1/3という算数の基本と同様の、厳然たる事実と納得のいかなさと同じであると感じたんですね。無限に連続するであろう小数が、1/3というちょっとした文字数だけで表現されることに理屈以上の違和感を感じると同時に、鮭の赤身の白さは1÷3=0.333・・・=1/3という式で表現はされているんだという文系の、腐れた平和の上に僕はあぐらをかいて、まぁ、わかりにくいとは思うんですが、鮭は白身魚で僕は文系なわけです。

文系であることを別に卑下する必要は無い、むしろ、ごちそうだと思うんですね。彼ら理系が聞き取れないレンジの音声を僕ら文系は感じ取って、1+1=2で補完されない世界に意味と彩を与える必要がある。文系のレゾンデトールは理系の取説には書いてない。

で、とまちーです。
僕はコンビニであの幕下力士を見てここが文系の踏ん張りどころ、「とまちーと名付けた作者の気持ちを考えなけらばならない」と思ったんですね。やってやろうじゃねぇかと。

まず「何故ひらがななのか」そこに着目したんです。
今更、実に今更なんですがとまちーは、まんの種類で言うとピザまんだったんですよ。とまちーの名の由来としては「トマトとチーズ」なんでしょうが、トマチーじゃなくってとまちー。平仮名で表示することで文体の緊張を和らげたんですね。どうでしょうみなさん?「アバレハチマン」と「あばれはちまん」だったら、どっちをなでなでしたいでしょうか?皆さんおそらく後者を選択すると思うんですよね。前者のそれは、浴室の黒カビを除く薬剤のような感じがしてきっとみなさんから愛されない。平仮名で表現することにより作者はとまちーが多くの人々に愛されることを願ったんですね。

次に「何故4文字なのか?」考えたんですね。
"太陽の光りをたっぷり浴びた旬のイタリアントマトとチェダーミックス・チーズが奇跡のマリアージュ!悶絶昏倒四川風ピザまんに和辛子を添えて"あたりの、盛り過ぎてわけのわからなくなった説明臭いネーミングでも良かったはずです。そこを何故「とまちー」というごく短いセンテンスで済ませたのか?「呼び易くする為」だと思うんですね。これはニュースサイトの記事で知ったんですが、ソバの花ってあるじゃないですか?あれって物凄く臭いらしいんですよね。ウンコみたいな臭いがするらしい。ソバは受粉し辛い植物らしくって、虫達をできるだけ多く呼び寄せて受粉の手助けをしてもらう必要がある。強烈な臭いを放つのはなりふり構わず虫達を多く呼び寄せるためらしいんです。それと同じで、「とまちー」と短くまとめることで多くの人に呼んで欲しいと願ったからだと思うんです。

「皆に愛され、多く呼ばれることを願ってとまちーと名付けた」
これは単に「売り上げ至上主義」に基づくものなのか?

とまちーは、壊れて散り散りになった僕ら人間の欠片ではないのだろうか?僕らは補完する為にあのピザまんを呼んで、手にとって愛する必要があるのではないのか?作者は、僕らが失ってしまっていることに気付いていて、とまちーをもって再び組み直す事を願った。あのトマトとチーズ、まるで壊れたココロがシーツに包まれたかのような黄色くて温いとまちーは、僕らが日々擦り減らしていった僕らの欠片、あるいは投影された僕ら自身なのかもしれない、作者の気持ちはおそらそんなところだろう、なんて考えたんですよね。(ちなみにその時はあんまんを買ったので、とまちーは買ってないです)
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
錆汁
2012-10-07 Sun 15:00
前にもこんなハナシを書いたんですが、僕の趣味はジョギングだったりするんですよ。トボトボ走るんですが、走るのがそんなに嫌いではないんです。でも、これは最近気付いたんですが、走るのが嫌いじゃないという事実に理由があるとしてそれは「いい汗かいて爽快だから」などの晴れ渡るポジティヴな理由ではなくって。「走ってる間だけは嫌な事を忘れられる」という、ちょっとネガティブな、廃屋の便槽のような理由なんです。日毎夜毎に僕を苛む事象から逃れられるのは走ってる間だけ、なんですね。ほら、昔のホラー映画で「バタリアン」ってあったじゃないですか?バタリアンというゾンビ達は人間を襲ってはパクパクと、襲った相手の脳みそを食べるんですね。作中あるバタリアンが、主人公の"何故脳みそを食べるのか?"という問いに「脳みそを食ってる間だけはゾンビになった痛みを和らげることが出来る」と答えるシーンがあったんですね。「ああ、俺が走るってのはつまり、バタリアンが脳みそを食ってるみたいなもんなんだろう?」と、熊本県の氷川町にある、梨畑を縫うように続く山道で僕は独り呟いた。今年も「氷川町梨マラソン」というチャンピオンシップに参加してきました。

昨年もそうだったんですが、走ってる間ってヒマなんですよね。ヒマなくせにきついもんだから、ココロ漫ろにいろんなコトを考える、今年は氷川町に入るまでの3号線の道中にあった、とあるリストランテの「豚汁定食」の文言に漂着したんです。

僕はトラックの販売なんぞを生業としていて。トラックって、ちゃんと整備しないとクルマからタイヤが外れちゃうんですよね。ものによってはタイヤ一本で100kg位あります。もし人に当たったら単なる事故では済まないんですね。ユーザーの方々が日常的にタイヤ周りを点検してくれるように啓発する資料はたくさん発行されてるんです。資料ではタイヤが外れるような事故の兆候をいくつか例示して説明してるんです。ホイールと車軸を固定しているボルトが劣化すると錆を含んだ水分がボルト周りから流れた跡がつくことがあるんですが、その水のことを資料では「錆汁」と表現するんですよね。僕はこの「錆汁」という言葉がすごく嫌いなんですよ。
錆汁


世界はここまで、掌に収まる小さな機械は世界中との通信を可能にするように、遠く離れた小惑星に向けて観測機を飛ばして着陸させ、再び帰還させるようなレベルまで発展したんですが。そんな高次な世界にありながら「錆汁」という字面の工夫の無さ、思慮の無さ、華の無さ。自動車業界にも一般的に知られたABSや、EBSやESCやらのちょっとしたテクニカルタームは山ほどあるんです。そんな体制を持していながらなぜ、ホイールボルトから流れるお水が「錆汁」風情で終っているのか?SBJRとかじゃダメだったのか?豚汁なら許せるのにこと錆汁となると、僕はちょっと許せないんですね。

でも、僕の「錆汁」に対する圧倒的な不快感を表現するのって、なかなか難しいんですね。僕がどんなに錆汁という言葉を嫌っているのか?どれほど説明しても、きっと相手に伝えきることは出来ないと思うんです。

そこには、表現の超えることができない壁がある
僕にとってはそれは「錆汁に対する嫌悪感」なんですが。こういうのって、誰でもあるんじゃないかと思うんですね。人によっては「若葉の青さが嫌い」なんてのもあるでしょうし、人によっては「ゴキブリの背中の艶が大好き」なんてのもあるでしょう。ちょっと他人に説明できない嗜好を説明するのってどこまでいっても不可能だと思うんです。

表現の超えられない壁を超える為の、僕らは普遍的な単位を得る必要があると思うんです。
僕は錆汁という言葉が嫌いなんですが、どれ位嫌いなのか?単位で表示することが可能であれば「ああ、そん位嫌いなんだ」と一瞬で表現できると思うんですね。

誰もが知っていて、そこに民族や宗教や貧富、人間が決めたどのような「線」に縛られない、唯一普遍の単位

梨でいいと思うんですね

「僕は錆汁という言葉が嫌いです。梨5個分嫌いです。」とすればほら、こんなにわかりやすい。ちなみに梨は最大5個まで。「若葉の青さが梨3個分嫌い」「ゴキブリの背中の艶が梨2個分好き」という使い方をします。

そんなコトを考えながら梨畑の山道はどこまでも続くようで。梨マラソンって登り道ばっかでつらいんですよね。つらさ梨4個分。
別窓 | 無駄話 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
僕らはもっとノーパンでいい
2012-08-15 Wed 19:13
ときどきですが帰宅途中にある大きな公園に寄って、ジョギングをするんですよ。日が暮れる時間帯なものですからそこそこ涼しく、トボトボ走るのに丁度良い。一汗かいて帰るんですね。おまけに公営の大きな公園なもんですから無料でシャワーが使えたりするんです。スーツ姿からTシャツ姿に着替えて、ジョギングしてシャワーを浴びて、服を着替えて後はクルマで自宅に帰るだけ、となるんですが。この「後はクルマで自宅に帰るだけ」の時の僕の格好はTシャツ+短パンで、そこまではいいんですが実はノーパンなんですよね。短パンの下に何も着けていないんです。シャワー後、家に帰りつくまでは30分程度、ジョギング時まで身に着けていたものと別の、新しいパンツを穿いても構わないんですが、一日にパンツを2枚消費するのは将棋で例えれば「ニ歩」みたいなもんで、ある意味反則じゃないですか?しょうがないから僕はノーパンで家路につくんですよ。

人間、パンツを穿いてないとロクなことを考えないもんですね。ノーパンで家路にあって僕は、「パンツを穿いている状態と穿いていない状態、二者の距離はどれ位離れているものなのだろうか?」というコトについて考えたんですね。何を言っているのかわからないと思うんですが、所謂ノーパンっていう状態とパンツを穿いているっていう状態の間は三次元的な距離、マイルやヤードやメートルで表示することができる間隔があると思うんですね。その距離が離れているからノーパンは所謂ノーパンとして、決してオナブルではない状態、秘蜜の花弁的な位置を占めているものなのだと世間様から認識されている、そう考えたんですね。僕らはノーパンとノーノーパン(ノーパンではない状態)との距離を明確に認識して、そこから僕らの世界とノーパンの世界との位相を再び組み直さなくてはならないと考えたんです。

仕事で外回りなんぞをしていますと、夕方近くになったら小腹が空くことがあるんですね。なんかちょっと口にしたいなと。そんな時僕はカロリーメイトを食べるんですよ。1本で100キロカロリー、結構腹持ちがするんですよね。ちなみにメープル味がお気に入りです。で、コンビニでカロリーメイトを買うんですが、コンビニ店内でカロリーメイトが陳列されている場所って、結構曖昧なものなんですね。店によって違いがあって、ココだ!と直感で感じる場所には置いてないんですね。例えばオニギリだったらどこのコンビニであれレジの近くに置いてあるもんですし、雑誌やジュースなど何をかいわんや、なんですがことカロリーメイトになると「この辺だろう?」と思って向かった棚にはまずもって置いてないもんなんです。ウソだと思うなら皆さんも是非試しにコンビニでカロリーメイトを買ってみて下さいよ。陳列してある棚に一発で辿り着くのは無理だから。

あると思った場所に無い、あるべきだと感じた場所に無い。対象はいつでも僕らの仮定のすぐ隣に。

僕は、これだと思ったんですね。ノーパンとノーノーパンとの距離は、コンビニにおいて僕らがカロリーメイトが置いてあるだろうと仮定した点と、実際に置いてある点との距離に他ならない。あると思われているパンツはそこには無い、無いと思われているパンツはしっかと穿かれている。

そして同時に僕は、ノーパンとノーノーパンとの距離が長くてもせいぜいコンビニ店内の両端で区切られる程度の距離であることを思い知り、だったら僕は、僕らはもっとノーパンで良い、ノーパンとノーノーパンの間には大きな差はないんだ、そう思い至ったんですね。久しぶりに書いたくせにこんなハナシで恐縮なんですが。お久しぶりんこ。
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
事件は会議室で起きている
2012-06-11 Mon 21:23
ユニクロに行ったんです。ユニクロでありがちなティピカルな買い物を済ませレジに並んだんですが、レジの女性が付けていた名札に「ステテコアドバイザー」と記してあったんです。正確に言えば「記してあったように見えた」んですね。僕の見間違いかな?と考え、それでも気になったもんですからそのレジを済ませもう一度売り場に戻り、昨日と同じ明日を巡るような黒の靴下を買ってまたレジに並び今度はガッツリ、多分に湿り気を帯びた視線でレジの女性の名札を見たんですがやはり「ステテコアドバイザー」と記してある。どうやら見間違いではなくまごうことなく「ステテコアドバイザー」と記してあったんですね。

「ステテコアドバイザー」ってなんだろうね?あの女性のホーリーネームかしらと思い検索してみたんですが、どうやらユニクロの販売戦略のひとつらしい。彼らはどうやら「ステテコを価値あるものとし、アドバイザーを擁してまで、売り込もうとしている」らしいんですね。

ステテコを売るのは良いと思いますし、多くの種類を揃えて訴求していくことに何ら異議を唱えるものではないんですが、まず、ステテコを穿く上で人様らアドバイスを得るという過程が考えられないんですね。ステテコを買う主な層は僕らのような男性だろうと思うんですが、自我が形成された立派な大人なんです。ステテコを買うに人に相談するか?ってハナシなんですよ。そして、ステテコアドバイザー制度を設定するとして、アドバイザー養成研修みたいなモノも開催されるんでしょうが、どのような研修を行うのか?ステテコの歴史から紐解いていくのか?

その会議を見てみたい、そう思ったんですね。じゃあ今年はステテコでいきましょう、ステテコに迷う人の為にアドバイザーを各店に配置するのがいいですね、ステテコアドバイザーみたいなネーミングで名札もつくっちゃいましょうよ、研修やんなきゃですね。みたいな文言が飛び交う会議を見てみたい、そう思ったんです。

先日、ゴルフに行ったんです。ゴルフ場のトイレでシッコをしていましたら便器の底に紫色の球体が転がっている。男性ならわかるでしょう、芳香材として機能するあの丸いオブジェクトが、シッコを浴びるだけの己が宿命を呪うでもなくただ淡々と芳香を醸す様に僕はまるで修羅と相対したかのような畏れを感じ取っていたんですが。あの丸い修羅の、色が変わったんですね。紫色だったのが僕のシッコをダビダビに浴びて黄色に変化したんです。なぜそうしようと思ったのか?なぜ色を変えようと思い至ったのか?なぜそうしなけらばならなかったのか?

その会議を見てみたい、そう思ったんですね。いや、実はアンモニアに反応して色を変化させる物質があるんですよ、何!それは本当かね?、ええ本当です、じゃあそれでトイレの丸いアレを作ろうよ、ああ、いいですね、色が変わって演者も驚くことでしょうよ、名前はどうする?修羅シュシュシュとかどう?みたいな感じで会議は進むんでしょうが。その会議に出てみたい、そう思ったんですね。

僕には知らない、わからないことが多すぎて泣きそうになるんですが、ステテコアドバイザーについても、トイレの丸い修羅についても、わかんねぇなと思う人は多いと思うんですね。例えば動画サイトで公開したとして、結構人気が出ると思うんですよ。もしかしたら商品の売れ行き自体に直結するかもしれない。

事件は会議室で起きている、これからの企業は会議を公開するのも良いと思うんですよね。
別窓 | 無駄話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | あばれはちまん | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。